横須賀版 掲載号:2022年3月18日号 エリアトップへ

フェリーでつないだ「藤」の縁 福岡からしょうぶ園に移植

文化

掲載号:2022年3月18日号

  • LINE
  • hatena
大きいものでは約1トン。これを航路で運んだ
大きいものでは約1トン。これを航路で運んだ

 4月中旬になると11品種・約200本の藤が次々と花を付ける、阿部倉の横須賀しょうぶ園に、九州から藤の木7本が移植された。

 「閉園になる公園の藤の引き取り手を探している」―。そんなしらせが舞い込んだのは昨年12月半ば。福岡市にあった「かしいかえんシルバニアガーデン(旧・香椎花園)」は開園から60年を超える「花の遊園地」だったが、昨年いっぱいで閉園となった。園内に残る花や低木は地元での里親募集のほか、団体・施設などへの承継が進めてられており、「分けてもらえるのであれば」としょうぶ園の指定管理者である「よこすかグリーパーク共同事業体」の横須賀緑化造園協同組合(長谷川泰啓代表理事)が手を挙げた。

海を渡って横須賀に

 「かしいかえん」は昨年7月に横須賀港と航路でつながった北九州港から車で約1時間の場所。「フェリーで結ばれた縁を地域間の交流に」と、東京九州フェリー(株)の協力で海から運送することになった。同組合員は3月10日の夜に横須賀を出航、12日に現地で作業を進めて13日夜に戻った。陸路よりも運送時の風の影響が少ないというメリットもあったという。

 同園では、しゃくなげ苑近くの高台に新たに3つの藤棚を用意。藤の移植は難しいと言われるが、「生命力のある植物。枯らせないよう丁寧に育てたい」と長谷川さん。樹齢は80〜100年近いものもあるという。藤棚で再び開花するには少し年月がかかるが、同園としても「藤の名所」として、さらに盛り上げたい考えだ。「フェリーがなければ移植は実現できなかった。かつての『かしいかえん』で花を楽しんだ人にも、ぜひ横須賀へ見に来てもらいたい」と期待を込めた。

横須賀版のローカルニュース最新6

いきいきシニア「元気の源」は

歯科分野で高大の一貫教育

歯科分野で高大の一貫教育 教育

神歯大と緑ヶ丘女子が協定

6月24日号

東京湾を”ギュッと”水槽に

観音崎自然博物館

東京湾を”ギュッと”水槽に 文化

館入口で忠実に再現

6月24日号

全国大会で入賞

横須賀消防・山口さん

全国大会で入賞 社会

職員16万人超から選出

6月24日号

カレー作りで交流

ひとり親支援団体「ひまわり」

カレー作りで交流 社会

6月24日号

不気味な仮面、善良な行い

不気味な仮面、善良な行い 社会

コスプレ姿でクリーン活動

6月24日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook