横須賀版 掲載号:2022年3月25日号 エリアトップへ

県政報告【8】 海洋プラスチックごみ問題 立憲民主党・民権クラブ神奈川県議会議員野田はるみ

掲載号:2022年3月25日号

  • LINE
  • hatena

 漂着ごみの大半は漁具を含むプラスチック類が占めており、海洋プラスチックの問題を解決していく上では、法律の整備に基づいた生産・使用削減やリサイクルシステムの改良などが重要です。しかし2018年に開催された「G7シャルルボア・サミット」では、プラスチックの製造、使用、管理及び廃棄に関してより踏み込んで取り組むとする「G7海洋プラスチック憲章」に日本とアメリカだけが署名をしておらず、後ろ向きと考えます。一方本県は18年9月に「かながわプラごみゼロ宣言」を発表。海岸のゴミは「かながわ美化財団」等多くのボランティアの方々の清掃活動に支えられています。

 一方でプラスチックによる環境問題は海洋汚染だけでなく、地球温暖化にも大きく関わる重要課題です。3Rにリフューズ(ごみになるものを断る)やリペア(修理し使う)も加えた5Rを私たち一人ひとりが取り組むことも重要です。

映画上映・交流会

 NPO理事でもある私は県議会において、環境問題に関する質疑をこれまで重ねてきました。そしてついに4月3日(日)、映画「マイクロプラスチックストーリー」の自主上映&交流会を初開催致します。皆さんと共に環境問題を考え取り組んで参ります。産業交流プラザで午後2時から、参加費500円、申込制。

横須賀版の意見広告・議会報告最新6

一人10万円で新ふ頭は必要か?

市政報告連載第26回

一人10万円で新ふ頭は必要か?

横須賀市議会議員 小林のぶゆき

6月24日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

議会は市民の道具。役立つ存在に

市政報告連載第25回

議会は市民の道具。役立つ存在に

横須賀市議会議員 小林のぶゆき

5月27日号

予算に市民の声は届いたか

市議会会派・よこすか未来会議

予算に市民の声は届いたか

4月15日号

学校の先生は「定額使い放題」?

市政報告連載第24回

学校の先生は「定額使い放題」?

横須賀市議会議員 小林のぶゆき

4月8日号

横須賀の人とモノをつなぐ

活動報告

横須賀の人とモノをつなぐ

横須賀市議会議員 山本けんじゅ(自由民主党)

3月25日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook