横須賀版 掲載号:2022年4月8日号 エリアトップへ

トライアルを経て横須賀初のプロサーファーとなった 大竹 琥太郎さん 衣笠栄町在住 17歳

掲載号:2022年4月8日号

  • LINE
  • hatena

サーファーとして生きる

 ○…3月に千葉県鴨川市で開かれた日本プロサーフィン連盟主催のトライアルを通過して念願のプロ資格を得た。全国から70人の腕自慢が挑み、合格者は5人だけ。狭き門をかいくぐり、春からスタートするロングボードのプロツアーに参戦する。17歳の新星がどこまでやれるのか。サーフィン界の期待と注目を一身に集めている。

 ○…サーファーである父親に連れられて、横須賀の西海岸で初体験したのが小学4年生の頃。波に押されてボードが走り出す感覚にすぐに魅了された。学校では体育の授業が大の苦手。周囲の友人らが夢中になっている野球やサッカーもどこか興味を持てない。でもサーフィンだけは違った。「海に通えば通うほど上達を実感できる」。自然の中に身を置く心地よさもあり、「自分の居場所を見つけたような気持ちになれた」

 ○…サーファーとして生きていくと決めた。練習時間の確保とツアー参戦の費用をかせぐために高校を中退。その選択に迷いはない。ただ、プロといえども現実は厳しい。「毎日サーフィンして、陸上でも自由にトレーニングできる環境は望めない状況」。週の大半はアルバイトに精を出し、時間を捻出して湘南の海に電車で向かう。サーフィンをライフスタイルにいかに位置付けるか、最大の課題だ。

 ○…180cmの体格を活かしたダイナミックなライディングが持ち味。大きな波の中で3mあるボードを巧みに動かし、美しい航跡を刻む。その時に水中で重要な役割を果たしているフィン(ボードの最後尾にある突起物)に着目。自身で削り出したオリジナルを使用することもあり、今後は商品化に向けた開発に力を注ぐ。サーフィンを継続するための未来、自分の手で築いていく。

横須賀版の人物風土記最新6

山口 真生子さん

「全国消防職員意見発表会」に横須賀市消防局職員初の出場を果たした

山口 真生子さん

市内在住 27歳

6月24日号

飯田 浩司さん

ニッポン放送アナウンサーとして活躍する

飯田 浩司さん

大矢部出身 40歳

6月17日号

石川 貢さん

クラブユース県優勝の「横須賀シーガルズFCジュニアユース」で代表を務める

石川 貢さん

粟田在住 40歳

6月10日号

藤原 乃愛(のあ)さん

キックボクシング・ミネルヴァピン級で新たな日本王者となった

藤原 乃愛(のあ)さん

大矢部在住 17歳

6月3日号

江口 寛至(かんじ)さん

「カレーの街よこすか」公式テーマソングを作曲した

江口 寛至(かんじ)さん

若松町出身 22歳

5月27日号

大高 歩(あゆみ)さん

プロ野球チーム「神奈川フューチャードリームス」に今年度から所属した

大高 歩(あゆみ)さん

横須賀市出身 25歳

5月20日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook