横須賀版 掲載号:2022年5月6日号 エリアトップへ

観音崎京急ホテル 9月末で営業終了 新事業者運営で来春再開

社会

掲載号:2022年5月6日号

  • LINE
  • hatena
リニューアルのため閉館が決まった観音崎京急ホテル
リニューアルのため閉館が決まった観音崎京急ホテル

 京急グループは、1985年の開業以来、横須賀・東海岸エリア観光の中核を担ってきた「観音崎京急ホテル」の営業を2022年9月末で終了すると発表。来春以降に「共立メンテナンス」の新ホテルとしてリニューアルオープンする。

 同グループ企業の「京浜急行電鉄株式会社」が総合経営計画に掲げる「都市近郊リゾートみうらの創出」を目指し、三浦半島のエリアマネジメント(民間主体でまちづくりや地域経営を行うこと)の強化を目的に「ラビスタ東京ベイ」をはじめとする大衆向け高級リゾート事業を全国37カ所で展開している「株式会社共立メンテナンス」と連携。また施設に隣接する県立観音崎公園の管理運営を、グループ企業の京急サービスと神奈川県公園協会が22年4月から指定管理者として受託している。今回のリニューアルによってエリア全体の観光活性化や魅力向上などを更に加速させる狙いがある。

36年のあゆみ

 走水海岸から観音崎の間に立地する「観音崎京急ホテル」は創業36年。宿泊施設のほか、敷地内には小田和正さんらがレコーディングを行った「観音崎マリンスタジオ」(現在はチャペル)があったことで知られる。また05年からは温浴施設「SPASSO」、17年からはグランピングを楽しめる「snow peak glamping京急観音崎」も運営し、東海岸エリアの観光をけん引してきた。いずれも22年9月30日(金)で営業を終了し、リニューアル工事のため全館休館となる。ホテルの建物は取り壊さず内装などを刷新。リニューアル後の温浴施設とグランピング施設の営業に関しては未定という。新ホテルは23年春から初夏頃の開業を目指している。京急グループは20年に城ヶ島京急ホテルを閉館し、跡地に温泉旅館「ふふ城ヶ島(仮称)」の開業準備を進めている。

横須賀版のトップニュース最新6

三笠公園 リニューアルへ

横須賀市

三笠公園 リニューアルへ 社会

民間事業者にアイデア求め

6月24日号

さよなら、曲面の名建築

聖ヨゼフ旧病棟

さよなら、曲面の名建築 社会

築80年超の建物 7月末解体

6月24日号

機動救急隊 365日稼働へ

横須賀市消防局

機動救急隊 365日稼働へ 社会

南署へ配置、体制拡充

6月17日号

給食費「当面値上げせず」

横須賀市

給食費「当面値上げせず」 社会

物価高騰に食材変更で対応

6月17日号

“Uber(ウーバー)配車”で利便性向上

“Uber(ウーバー)配車”で利便性向上 経済

タクシー5社がサービス開始

6月10日号

二本立て「プレミアム商品券」

横須賀市

二本立て「プレミアム商品券」 経済

市と商店街がそれぞれ発行

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook