神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2023年12月1日 エリアトップへ

横須賀市 多様な家族像 後押し 「ファミリーシップ制度」1月に導入

政治

公開:2023年12月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

 2019年から性的少数者や事実婚のカップルに婚姻に相当する関係を認める「パートナーシップ宣誓証明制度」を取り入れている横須賀市は、来年1月から同制度を拡充した「ファミリーシップ制度」を導入することを発表した。神奈川県内では初めての試み。

 現行の「パートナーシップ宣誓証明制度」は、戸籍上の性別にとらわれず、お互いをパートナーだと認識する市民がパートナーシップ宣誓を行い、横須賀市が宣誓証明書を交付するもの。これにより制度利用者は法律婚に相当するサービスを市役所等で受けられるようになった。

 今回導入される「ファミリーシップ制度」では当事者二人だけでなく、パートナーの子や親なども「近親者等」として家族関係を市が証明。希望者には家族の氏名を表面に示した「ファミリーシップカード」(仮称)が配布される。

 同様の制度は県外の複数自治体で既に実施されているが、県内では初の試み(11月28日現在)。同市では導入を機に市立病院での家族としての対応や、これまで「同居人」だった住民票の続柄を本人の希望で「縁故者」へ変更することが可能になる。

「制度」の限界も

 同制度は利用者やその家族の暮らしやすさを担保するねらいがあるものの、自治体が提供できるサービスには限りがあるのが現状だ。税金の配偶者控除や財産の相続、子の親権など、国や法律によって定められた権利が事実婚のカップルにはまだ保障されていない。

 さらに同様の制度は自治体間で対象者やその内容に差があり、当事者からは「国で統一された制度があれば」という声も上がっている。市担当者は「市が提供できるサービスは法律婚同様に保障したい」としており、性や生き方の多様性に関しては「制度の導入で多くの人が考えるきっかけになれば」と期待をのぞかせた。

横須賀版のトップニュース最新6

復興願い支援に奔走

災害支援団体

復興願い支援に奔走

義援金寄付や炊き出し協力

2月23日

心臓リハビリで地域貢献

うわまち病院

心臓リハビリで地域貢献

20年来の取組 県から表彰

2月23日

サイクリスト誘客強化

横須賀市

サイクリスト誘客強化

スルガ銀行と連携、SNS活用

2月16日

災害対策に重点配分

横須賀市予算案

災害対策に重点配分

一般会計予算1689億円

2月16日

地名の由来知ってるかい?

地名の由来知ってるかい?

居酒屋店主自作の「横須賀史」

2月9日

高校生開発スイーツ販売

産農人

高校生開発スイーツ販売

マグロ残渣でサツマイモ栽培

2月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook