三浦版 掲載号:2011年11月18日号
  • googleplus
  • LINE

城ヶ島 灯台開放やイベントで賑わう

 11月3日の祝日、城ヶ島で灯台の一般開放と「北原白秋スタンプラリー」が行なわれ、多くの行楽客が訪れていた。

 城ヶ島灯台は、島西端の長津呂崎にあり、標高約30メートルの崖上で相模灘を照らしている。国内で5番目に点灯した西洋灯台で、現在のものは2代目。

 第三管区海上保安部が管轄しており、普段は一般は中に入ることはできないが、数年に1回の割合で開放され、3日が久しぶりのその日となった。

 当日は、愛好家や観光客らが訪れ、展望台からの素晴らしい眺望を楽しんだ。

 また、この日は開催中の「みさき白秋まつり」に因み、北原白秋が実際に歩いたと思われる島内の絶景ポイント5ヵ所にスタンプを設置。すべてを押した人が豪華地元商品などが当たる抽選にチャレンジができたり、プレゼントがもらえるラリーなど城ヶ島観光協会や地元商店街らの協力によるイベントも開催され、家族連れや団体などでさらなる賑わいをみせていた。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク