三浦版 掲載号:2013年1月11日号
  • googleplus
  • LINE

三浦半島県下駅伝 高校生主体で挑む三浦 20日(日)午前9時30分号砲

力走を見せる三浦市の選手(過去大会の写真)
力走を見せる三浦市の選手(過去大会の写真)

 三浦市、葉山町、横須賀市など全長36・9Kmを5区に分けタスキリレーする「第67回三浦半島県下駅伝競走大会」が1月20日(日)に開催される。

 第1部が市町村対抗、第2部が高校となっており、三浦市からは市町村対抗に代表チームが出場する。

 コースは、横須賀アリーナ前をスタート(午前9時30分)、葉山建旺住宅不動産前(1区 8・2Km)、同不動産前から長坂田中石材土木前(2区 7・7Km)、同土木前から三浦スポーツ公園(3区 7・4Km)、同公園から野比海岸(4区 8・8Km)、同海岸から横須賀総合高校陸上競技場(5区 4・8Km)。

 各中継所の通過予想時刻は横須賀アリーナ前(9時30分)、建旺住宅不動産前(9時55分)、田中石材土木前(10時17分)、三浦スポーツ公園(10時38分)、野比海岸(11時04分)、ゴールの横須賀総合高校陸上競技場は11時20分。

 市チームは、61・62回大会で2年連続準優勝しているが、その後は8位、10位と低迷していた。

 奮起した市チームは、65回大会では6位入賞、昨年の大会では後半猛追し3位に食い込む力走を見せた。

 大沢克也監督は「今回は実業団などの主力選手が他大会の兼ね合いで起用できず、高校生主体のチーム編成となった。実践経験は浅いが、未知数な部分もある。大会までしっかり調整をしてベストを尽くす」と若い力に期待した。三浦市のメンバーは次のとおり(敬省略)。監督/大沢克也(三浦市役所)、選手/五十嵐大己(高1)、松崎蓮(高2)、四宮章裕(高2)、出口祐大(高2)、佐藤晴美(高3)、青山来夢(三浦市陸上競技協会)、吉田寿紀(高3)。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

”いのち”を守る体験教室

夏休み企画

”いのち”を守る体験教室

7月20日号

7月は未就学児無料

大磯ロングビーチオープン

7月は未就学児無料

7月20日号

夏例大祭の歴史網羅

平和考える2日間

見て食べて知って、海の駅

第7分団が出場

県消防操法大会

第7分団が出場

7月20日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク