三浦版 掲載号:2014年1月24日号
  • googleplus
  • LINE

三浦ツナ之介 小さくなっても大活躍

 昨年9月に発売された三浦ツナ之介キーホルダー。約半年で当初の予想を上回る2500個が販売された。企画元の三浦商工会議所は「三浦市のキャラクターとしての認知度が高まっている」と話している。

 キーホルダーは、三浦市のゆるキャラ三浦ツナ之介をPRしようと三浦商工会議所が手がけた。頭にかぶっているラーメンや腰にさしている大根などツナ之介の細部まで再現されている。

 当初は500個限定で製作された。愛くるしいキャラクターとかばんなどにつけておくのにちょうど良いサイズが受け、観光客のほかに市民の間でも人気が急上昇。欲しくても手に入らない状況が一時続いた。会議所は急遽増産を決め、10月には約千個が売れた。11・12月に入ると勢いは落ちたものの、観光客の購入などで各月約500個売り上げている。

 同会議所は「B-1大会での三崎まぐろラーメンズ活躍も大きく販売に繋がったと思う。今後は、キーホルダー以外の新たな展開を検討している」と話している。

三浦版のローカルニュース最新6件

”いのち”を守る体験教室

夏休み企画

”いのち”を守る体験教室

7月20日号

7月は未就学児無料

大磯ロングビーチオープン

7月は未就学児無料

7月20日号

夏例大祭の歴史網羅

平和考える2日間

見て食べて知って、海の駅

第7分団が出場

県消防操法大会

第7分団が出場

7月20日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク