三浦版 掲載号:2015年7月10日号 エリアトップへ

三浦市 景観条例を施行 開発行為に制限設ける

社会

掲載号:2015年7月10日号

  • LINE
  • hatena

 三浦市は今月1日から景観条例を施行した。今年2月に策定された「三浦市景観計画」の実現に向けたもので、市内で行われる一定規模以上の新築、増築工事や開発行為などに対して制限や届け出を義務付け、良好な景観の維持を図る。

 市は平成19年に景観行政団体となって以降、23年度から景観資源等の調査、24年度には景観計画・条例の骨子案の作成を実施。市民から募ったパブリックコメントを反映した景観計画を今年2月16日に策定、国の景観法に基づいた景観条例を7月1日に施行している。

 条例では行為に着工する30日前までの届け出を義務付け、一定規模の高さや面積を越える建築物と工作物の新築や増改築、模様替え・色彩変更などを対象に、基準に合致しているか、周辺の自然や住環境に悪影響を及ぼさないかを審査。必要に応じて勧告や命令を行うことができる。

 景観形成は行政、事業者だけでなく市民も含めた3者協働による推進を図る。そのため、条文には優れた景観や地域の顔として重要な町並みを指定する「景観形成重点地区」、市内の美しい価値ある建造物や樹木などを認定する「みうら景観資産」制度や、事業に貢献した個人や団体に対する表彰制度も盛り込まれている。今後、市は認定に向けた市民参加型イベントを企画し、意識の醸成を図っていく方針。

町並み守る風致地区条例

 景観条例と同じく、まちづくりに関係する条例の1つに、「風致地区条例」(今年4月施行)がある。風致地区とは都市の中の自然な風景などを維持するため、樹林地や丘陵地、水辺地等の良好な自然環境を保持している区域、史跡や神社仏閣等がある区域、良好な住環境を維持している区域などを対象に、都市計画によって定められた地区のこと。市内では昭和30年代までの間に下浦海岸、松輪・毘沙門、黒崎、油壷、城ケ島の5地区が指定されている。

 同条例内では良好な風致の維持に必要な植栽や既存緑地の保全を促進するため、10%以上の緑地率の導入や許可標の掲示、建築工事や造成、木々の伐採行為の着手などに係る事前申請が必要となるほか、県の条例から変更している事項が記述されている。

 なお、地区指定から一定期間が経過したことを受け、市は都市計画マスタープランに基づいて、地区の見直しを推進。昨年から説明会や変更案の縦覧、審議会などが行われている。

三浦版のトップニュース最新6

グランピング施設を提案

三浦地所

グランピング施設を提案 社会

城山地区利活用の事業契約へ

9月24日号

“ちょい乗り”で周遊促進

“ちょい乗り”で周遊促進 社会

電動キックボードをレンタル

9月24日号

ワクチン接種に補正予算

三浦市

ワクチン接種に補正予算 政治

総額およそ1億円

9月10日号

授業配信で学習機会確保

市立小中学校

授業配信で学習機会確保 教育

希望者にタブレット貸与

9月10日号

7億9千万円で最多更新

ふるさと納税

7億9千万円で最多更新 経済

コロナ被害支援も一因

8月27日号

「小児がんとの闘い支えて」

「小児がんとの闘い支えて」 社会

両親ら募金協力呼びかけ

8月27日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook