三浦版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

三崎「うらり」 海の駅認定10周年 明日、記念イベント開催

社会

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena
行政、企業、地元団体が一丸となって盛り上げる
行政、企業、地元団体が一丸となって盛り上げる

 三崎フィッシャリーナ・ウォーフ「うらり」は、明日24日(土)に海の駅認定10周年を迎える。これを記念し、うらり周辺を含む三崎・城ケ島地区では「みうら・みさき海の駅フェスタ2015」が行われ、様々なイベントが企画されている。

 国土交通省がマリンレジャーの振興・普及のために後押ししている海の駅事業。「いつでも、だれでも、気軽に、安心して立ち寄り憩うことの出来る海の交流拠点」として設置、活用を推進している。

 もともとは瀬戸内の離島振興対策として2000年に広島県豊町でスタートしたもので、海と陸を繋ぐ玄関口として(1)プレジャーボートなどのビジター船が利用できる一時係留施設(2)トイレの設置(3)気象情報などマリンレジャーに関する情報提供を行っている。

 現在、海の駅は全国に148カ所で展開(6月末時点)。「海を楽しみ、海を味わい、海に憩う」を掲げて、日本各地で地域活性化の拠点や海洋教育の場として様々な事業に活用されている。

認知度不足が課題

 うらりは2005年7月に、海の駅に認定されて今年で10年を迎える。日本有数のマグロ水揚げ量を誇る三崎港に隣接し、魚介類や野菜など新鮮な地場産品が安く購入できる直売センターも併設されていることから、人気の観光地としてマイカーや観光バスで来訪する買い物客で賑わうが、海の駅としての認知度は依然として低いことが課題だ。

 神奈川県では、県内の海の魅力を発信する「かながわシープロジェクト」と銘打った事業を今年度から本格実施。行政による海からの地域活性化も進んでいることを追い風に、浸透をめざす。

三浦の海を満喫

 明日24日(土)には「みうら・みさき海の駅フェスタ2015」と題し、周年記念イベントが開催される。時間は午前8時から午後2時。主催は三浦市や(株)三浦海業公社、地元企業などで構成される同実行委。

 体験、憩う、遊ぶ、味わう―をコンセプトに海の面白さを体感できる機会として、真鯛の稚魚の放流体験、ボートやヨットの乗船、ルアー色づけ・キーホルダーづくり、津波救命艇の展示・試乗会などが行われる。

 同日午後1時には、城ヶ島で正式オープンする海上釣り堀「J’sフィッシング」とも連動したイベントも実施。三崎・城ヶ島一帯で周年イヤーを盛り上げる。

 そのほかにも、今秋以降には三浦半島の海の駅をめぐるクルージングなどの関連イベントも企画されているという。

三浦版のトップニュース最新6

ワクチン接種に補正予算

三浦市

ワクチン接種に補正予算 政治

総額およそ1億円

9月10日号

授業配信で学習機会確保

市立小中学校

授業配信で学習機会確保 教育

希望者にタブレット貸与

9月10日号

7億9千万円で最多更新

ふるさと納税

7億9千万円で最多更新 経済

コロナ被害支援も一因

8月27日号

「小児がんとの闘い支えて」

「小児がんとの闘い支えて」 社会

両親ら募金協力呼びかけ

8月27日号

1週間で感染20人超

新型コロナウイルス

1週間で感染20人超 社会

若い世代に増加傾向

8月6日号

知識深めて地域にいかす

知識深めて地域にいかす 社会

「ニナイテカレッジ」開講

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook