三浦版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

夏香る野菜スイーツ 新感覚「とうもろこしプリン」

社会

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena
「素材の良さを味わって」と川本さん
「素材の良さを味わって」と川本さん

 日差しをたっぷり浴びて育った太陽と大地の恵みを、冷たいスイーツで召し上がれ―。涼しげな瓶の容器に入るほどよい弾力のそれは、一見して普通のプリン。鮮やかな黄色は、新鮮な卵を連想させるが、今回の主役は今が旬のとうもろこしだ。ひと口食べるとなめらかな舌触りと優しい甘さのあとに、ふんわりとした香りが鼻に抜け、茹でたてをがぶっと丸かじりしているかのようだ。

 このスイーツを作ったのは、「菓匠かわもと」(初声町和田1682)の川本優子さん=写真。もともと知人の農家(横須賀市長井)が丹精込めて栽培するとうもろこしのファンで、夏に合う菓子の素材として使えないかとプリンを試作したところ、意外性が思わぬ好評を得たため昨年商品化に至ったという。

 使われる品種は、「ゴールドラッシュ」と呼ばれるもので、糖度15度を超えるフルーツのような甘みが特徴的だ。素材の良さを活かすため、畑直送の採れたてをすぐに蒸し、削ぎ落とした実をジューサーへ。とうもろこし100%の搾汁に牛乳、クリーム、砂糖と、和菓子屋らしく寒天でシンプルに仕上げた。「本来の甘みを楽しんでもらうため、砂糖は控えめでヘルシー。子どもでも食べやすい一品」と川本さん。

 同店では、これまでにもカボチャやトマトなど野菜を使った和菓子を販売。「夏ならではの新しい名物になれば嬉しい」

 三浦半島とうもろこしぷりん1個285円(税込)。8月下旬頃まで販売予定。

三浦版のローカルニュース最新6

「ペットと避難」に備える

「ペットと避難」に備える 社会

防災講習会の参加者募集

2月19日号

手話で話そう

手話で話そう 社会

全36回の奉仕員養成講座

2月19日号

1日左官体験に挑戦

1日左官体験に挑戦 社会

空き家再生の一環で

2月19日号

フルートの音色に酔う

フルートの音色に酔う 文化

臼井さんリサイタル

2月19日号

奨学生を募集

スタインウェイを弾こう

スタインウェイを弾こう 文化

10組限定の演奏体験会

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク