三浦版 掲載号:2018年8月3日号
  • LINE
  • hatena

“まぐろパン”児童が考案 地元企業協働で試作会

教育

盛り付けや飾り付けにも挑戦
盛り付けや飾り付けにも挑戦
 三崎まぐろのたたきと三浦産小麦のパンで、小学生が食べ方を新考案――。コミュニケーション力育成教室「ことばキャンプ」、まぐろ問屋「西松」、初声町のパン店「充麦」による調理試食会が先月25日に行われた。

 「地元食材に携わる生産者の顔や思いを知り、格好よく働く大人の姿を子どもたちに見せたい」と同教室講師の亀山千夏さんが企画したもので、趣旨に賛同した2社の相原宏介さんと蔭山充洋さんが仕事内容や志したきっかけ、夢や発想力の大切さを語った。

 調理食材には両社の主力商品が用意され、事前に児童らがアイデアを出し合った野菜や果物、調味料などを使ってオリジナルパンづくりを体験。独創的な味付けや組み合わせのパンが出来上がると、美味しそうに頬張った。

 相原さんと蔭山さんは、「考えた商品をイベントなどで販売してみたい。子どもたちも一緒に店頭に立てたらいい」と展望を話した。

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月14日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

医師に聞く感染症と予防

医師に聞く感染症と予防

1月22日に公開講座

1月22日~1月22日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク