三浦版 掲載号:2018年8月24日号
  • googleplus
  • LINE

学生が感じた文化の息遣い 三崎下町テーマに冊子製作

社会

 「三浦半島という”くくり”を意識したことはなかったが、訪れてみて個々の町に魅力を感じた」。横浜市立大学(横浜市金沢区)の学生がこの春立ち上げたサークルの名称は、ずばり「三浦半島研究会」。6月に学内の公認団体となったばかりだが、既に4月から隔月でフリーマガジン「三浦半島ジャーナル」を発刊。街歩きやフィールドワークを絡めた誌面作りに力を入れている。

*  *  *

 研究会のメンバーは現在18人。その半数を4月に入学した1年生が占める。同会代表で発行人の福村暁さんは山梨県出身。入学を機に市外からこの地に初めて降り立ったメンバーも多い。大学のある金沢八景は三浦半島の付け根。「ヨコハマ」のイメージを覆される街の佇まいと、「その先の南側にある半島に興味を抱いた」と福村さんは話す。ふらりと遊びに訪れてみて、半島内のそれぞれの町の文化圏や空気感の違いを感じた。発足したばかりのサークルでは、活動の中心に冊子の発刊を据えることにした。

街の「アーカイブ」に

 「土地に息づく普遍的な故郷を探し、その概念を編纂(さん)するために作る」―創刊1号で、そう綴っている。ガイドブック的な存在ではなく「住む人の人生にスポットを当てたい」。歴史や文化など街の「アーカイブ」を作っていくことに意義を見出す。

 第1号は大学のある金沢八景、2号目のタイトルは「横須賀は『異国』なのか?」。今後も隔月で発行する計画で、次号は三浦を特集。今月初旬には合宿と銘打ち、三崎下町の私設蔵書室「本と屯(たむろ)」に1週間泊まり込んで取材活動を行った=写真。

 「あなたにとって三崎の街とは」。地元商店主や観光客など出会った人から印象を聞いてまわり、それぞれの見方を通して街の姿を浮き上がらせる。「初めてでも懐かしく、落ち着く場所」と小田楓さん(4年)は三崎下町のイメージを語る。

 執筆だけでなく、モデル、撮影までメンバーが手分けして担当。見開きの写真やデザインなどの紙面構成も目をひく。合宿中は、地元編集者のミネシンゴさんから編集のノウハウを学んだという。

 第3号の三浦特集は、今月末に発刊予定。本と屯、まったり庵など三崎下町で配架する。

*  *  *

 「SNSやネットが隆盛の時代に、なぜ紙の媒体なのか」―。これには「形になる達成感がある」との答え。手に取ってもらう「出会い」を楽しみにしながら、独自の視点で発信を続ける。

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

三崎下町散策といなりっこ鑑賞

三崎下町散策といなりっこ鑑賞

ガイドツアー参加者募る

10月7日~10月7日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク