三浦版 掲載号:2018年8月24日号
  • LINE
  • はてぶ

三浦市 “認知症安心ガイド”完成 「サービス情報を一目で」

社会

 三浦市はこのほど、認知症の進行に応じた支援の手引き「オレンジガイド」(認知症ケアパス)を作成。市内で配架を行っている。適切なサービス利用の指針だけでなく、あらかじめ正しい理解を深めることで予防や早期発見、早期治療による重症化防止に役立てるねらい。

 「認知症ケアパス」とは、認知症になっても、住み慣れた地域でその人らしく暮らしていけるよう、その時々の状況にあわせて、いつ、どこで、どのような医療・介護・民間サービスが受けられるのかを示したもの(三浦市オレンジガイドより)。厚生労働省が策定した2013年度からの「認知症施策推進5か年計画(オレンジプラン)」で、課題のひとつに「認知症ケアパスの作成」が掲げられ、各市町村で取り組まれてきた。

 三浦市高齢介護課では、1年ほど前から着手。医療・介護分野の連携、認知症当事者やその家族からの相談業務などを請け負う認知症地域支援推進員と協力し、市内関係機関からの意見を取り入れながら内容を精査してきたという。

 「介護保険サービスの利用や相談窓口の案内など、関連する問い合わせが多い」。同課では「こうした不安や疑問を解消する一助になれば」と、支援の流れが一目で分かりやすい一枚刷りのリーフレットにまとめた。

 表の横軸には自立から重度まで認知症の進行を示し、縦軸には「人とのつながり」「介護保険」など支援機関や内容を図式化。問い合わせ先も併記し、個々の状態に応じた窓口を案内する。

 また、「認知症であることが恥ずかしくて、人には言えない」と表面化しにくいのも実情で、「誰しもがなりうるものであり、気軽に相談できる体制があることを知ってもらえたら」と担当者は期待を込める。

 配架は同課窓口のほか、初声・南下浦市民センター、地域包括支援センター、市内医療機関などで、市ホームページでも閲覧できる。

理解の輪、広がる

 認知症の理解を深める啓発・普及活動は、市内各所で実施されている。

 地域交流や情報交換を目的として開かれる「認知症カフェ」や、家族のつどい、講演会などさまざまで、「認知症サポーター養成講座」も活況。受講者数は増加傾向で、今年6月末現在、三浦市では2500人超のサポーターが誕生している。

三浦版のトップニュース最新6件

「三崎の風情、まもりたい」

災害時の業務体制、明文化

三浦市

災害時の業務体制、明文化

11月2日号

拠点増設で「もっと便利に」

みうらレンタサイクル

拠点増設で「もっと便利に」

10月19日号

“シニアソフト”三浦で普及

22の議案採決で閉会

“標高の基準”土木遺産に

油壺験潮場

“標高の基準”土木遺産に

10月5日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月2日号

お問い合わせ

外部リンク