三浦版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

三浦市民交流センター 「集い、にぎわう拠点に」 ベイシア2階に開所

社会

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena
(写真右上から)多目的スペース、小網代の森インフォメーションスペース、研修室、打ち合わせ広場
(写真右上から)多目的スペース、小網代の森インフォメーションスペース、研修室、打ち合わせ広場

 引橋のスーパーマーケット「ベイシア三浦店」2階に今月9日、「三浦市民交流センター」がオープンした。有償で多目的スペースや研修室を貸し出し、サークルや市民団体の活動・交流を促進。気軽な利用を呼びかけている。

 三浦市民交流センターは、市民活動に関する情報提供・発信や活動拠点として開所。多目的スペース(40平方メートル)、調理実習台のある研修室(16〜30平方メートル)、年契約のロッカーと会員制ワークルーム(30平方メートル)を有料で貸し出すほか、利用無料で飲食もできる打ち合わせ広場(60平方メートル)、印刷機やキッズコーナー・給湯室などが設けられた。

 館内入り口には、市・かながわトラストみどり財団・NPO法人小網代野外活動調整会議が協働で運営する、「小網代の森インフォメーションスペース」(80平方メートル)も併設。リーフレットの配架や映像上映などを行い、自然観察や環境保全活動の情報を集約したビジターセンターとしての役割を担っている。

 同センターの指定管理者「YMCAコミュニティサポート」の高橋亮館長は、「人や自然、三浦の地域資源を表に出す場所にしたい」と話し、「横須賀市や逗子市の市民活動センターなどとも連携して、三浦半島を盛り上げていけたら」と展望を語った。

 今月9日に行われたオープニングセレモニーには、吉田英男三浦市長、草間道治市議会議長ら議員、施設関係者、地域住民などが集まり、開所を祝った。

 開館時間は午前9時から午後9時、12月31日から1月3日が休館。

 施設予約は、同センター【電話】046・845・9919で受け付けるほか、6月21日(金)午後7時から、同所で利用に関する説明会が開かれる。申込み不要。

アート作品を展示

 多目的スペースを会場に6月16日(日)まで、「みんなの文化祭@引橋」出展作品を展示。

 今年3月、アートと音楽を通じた市民交流を目的とした同イベントに花を添えた、陶芸・現代美術・写真などが一堂に並ぶ。観覧自由。

三浦版のトップニュース最新6

キッチンカーに夢のせて

キッチンカーに夢のせて 社会

「地域活性化に寄与したい」

7月12日号

空き家解消に一定指針

三浦市

空き家解消に一定指針 社会

対策計画を今秋策定へ

7月12日号

野菜モチーフで三浦表現

安房埼灯台

野菜モチーフで三浦表現 社会

新デザインで建替えへ

6月28日号

3小学校へ統廃合めざす

市教育ビジョン案

3小学校へ統廃合めざす 教育

2025年度目安に再編

6月28日号

三崎発、聖火が駆ける

東京五輪

三崎発、聖火が駆ける スポーツ

リレールート概要が発表

6月14日号

三浦味わう“野菜のおやつ”

高梨農園

三浦味わう“野菜のおやつ” 社会

農水省の6次化認定

5月31日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク