三浦版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

世界にひとつの”名向小パール” 児童が浜揚げ体験

教育

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena
真珠を手に喜ぶ児童たち
真珠を手に喜ぶ児童たち

 三浦の海の豊かさ、大切さを美しい真珠から学んで――。

 市立名向小学校(小泉修校長)の6年生児童が先月30日、小網代湾で養殖したアコヤガイから真珠を取り出す「浜揚げ」体験を行った。海洋環境保全の普及啓発などを行うNPO法人「小網代パール海育隊(うみいくたい)」や(一社)「みうら学・海洋教育研究所」が協力する市の海洋教育の一環。

 児童らは昨年7月、108個のアコヤガイに真珠のもとになる核を挿入する作業を体験。その後、およそ10カ月かけて小網代湾内で育て、この日、生き残った73個と海育隊が別途核入れした貝を開けた。慎重な手つきで次々と真珠を見つけると、教室内には大きな歓声が響いていた。海育隊の出口浩理事長は、「真珠を取り出したときの子どもたちの笑顔を見ると嬉しい。地域性や海の大切さを学んでくれたら」と目を細めた。

 取れた真珠は、同校の開校50周年だった一昨年度から卒業記念品として6年生全員に贈呈している。趣旨に賛同した宝飾店「クラシゲ宝飾」(横須賀市)の倉茂紀夫さんの善意により無償でネクタイピンに加工。本年度も同様に門出を祝福する予定で、子どもたちは「卒業式が楽しみ。もらったら大事にしたい」と笑顔で話した。

三浦版のローカルニュース最新6

三浦の魅力どう生かす

三浦の魅力どう生かす 社会

市民サポーター募集

8月23日号

弾いてみよう吹いてみよう

弾いてみよう吹いてみよう 文化

油壺会館で楽器体験会

8月23日号

船に乗って稚魚放流

プールでタッチ

プールでタッチ 経済

チョウザメと遊泳

8月23日号

南三陸の復興後押し

南三陸の復興後押し 社会

義援金45万円を寄附

8月23日号

高梨さんに警察協力章

高梨さんに警察協力章 社会

交通安全活動25年

8月23日号

名向小サマーフェスタ

あっとほーむデスク

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク