三浦版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

東京五輪 三崎発、聖火が駆ける リレールート概要が発表

スポーツ

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena
出発のセレモニーが行われる三崎港うらり
出発のセレモニーが行われる三崎港うらり

 2020年東京五輪の聖火リレーの県内ルート概要が、今月1日に公表された。神奈川県の発表によると、来年6月29日(月)から7月1日(水)の3日間で、県内15市町を通過。そのうち、三崎フィッシャリーナ・ウォーフ「うらり」もスタート地点の1つになっており、夏の三浦路を聖火ランナーが駆け抜ける。

 初日は箱根駅伝の往路ゴール地点である芦ノ湖(箱根町)をスタート。日本遺産に認定された大山(伊勢原市)、小田原市、大磯町、平塚市、茅ヶ崎市をめぐり、ゴールの藤沢市へ向かう。

 2日目は、三崎港の三崎フィッシャリーナ・ウォーフ「うらり」で出発式を行ったあと、横須賀市、鶴岡八幡宮(鎌倉市)、海老名中央公園(海老名市)、厚木市を通過し、相模原市をめざす。

 最終日は川崎市の等々力陸上競技場を出発。ゴールの横浜赤レンガ倉庫(横浜市)までを走行。途中、サッカーや野球・ソフトボールの五輪会場にもなっている横浜国際総合競技場や横浜スタジアム周辺などもめぐり、五輪の機運を高める。

 吉田英男市長は、「大変喜ばしく、光栄なこと」と歓迎。「子どもたちをはじめ、市民にとって、夢や希望を身近で感じ、感動を共有できる機会となれば。また、三浦の魅力を国内外へ発信する機会にもしたい」と話した。

 コースの詳細は今後発表。各日、出発式ではセレモニーが行われ、地域文化の演目披露などのあと、聖火をトーチに点火し、最初のランナーを送り出す。

ランナーを公募

 聖火ランナーの一般公募は、五輪パートナー企業枠が6月17日(月)と24日(月)から、都道府県実行委員会枠は7月1日(月)から受け付けを開始。中学生以上(来年4月時点)を対象に募集する。

 ランナーは、今年12月以降に発表され、当日はオリジナルのユニフォームに身を包み、1人約200mを走行する。

 詳細は【URL】https://tokyo2020.org/jp/special/torch/olympic/torchbearer

三浦版のトップニュース最新6

「ハマカンゾウ一緒に守って」

「ハマカンゾウ一緒に守って」 社会

NPOが栽培協力よびかけ

8月23日号

スーパーヨット誘致へ

三崎漁港

スーパーヨット誘致へ 社会

海外富裕層の消費に期待

8月23日号

“三崎の花火”PVで応援

“三崎の花火”PVで応援 社会

有志が制作費支援募る

8月9日号

居住と開業、気軽に試して

居住と開業、気軽に試して 社会

空き家活用し、拠点開く

8月9日号

国の登録有形文化財へ

旧長谷川家住宅

国の登録有形文化財へ 文化

造形と歴史的景観が評価

7月26日号

挫折と躍進経て、全国へ

挫折と躍進経て、全国へ スポーツ

2選手が高校総体出場

7月26日号

空き家解消に一定指針

三浦市

空き家解消に一定指針 社会

対策計画を今秋策定へ

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク