三浦版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

安房埼灯台 野菜モチーフで三浦表現 新デザインで建替えへ

社会

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena
深澤さんの最優秀賞デザイン
深澤さんの最優秀賞デザイン

 老朽化に伴う建替え計画が進む城ヶ島の安房埼(あわさき)灯台。市民などから公募のあった107作品から、新たな灯台のデザイン案に深澤紗綾香さんの作品が選ばれた。2019年度内の完成をめざし、工事に着工。既存の灯台は順次撤去される。

 新たに建替えられる灯台を城ヶ島観光のシンボルとして親しみやすいものにしようと、今年4月から第三管区海上保安本部・三浦市・城ヶ島活性化協議会が、三浦市民などを対象に灯台デザインを募集。「誰にでも親しまれる灯台」を基準に選考が行われた。

 今回、最優秀賞を受賞した深澤紗綾香さんの作品名は「とんがり屋根の灯台」。畑から海が見える三浦市のイメージから野菜をモチーフにし、その野菜のさわやかさが表現されている。

 新灯台は深澤さんのデザインをもとに、県立城ケ島公園内のピクニック広場付近に設置予定。2019年度内の完成予定で、現在の灯台はその後解体撤去される。

 そのほか、松井春奈さん、長島有香さん、吉田志穂さん、岩崎梨桜さんが佳作を受賞。北原白秋作詞「城ヶ島の雨」にちなんだ雫モチーフのものや、波と魚で海に囲まれた城ヶ島をイメージしたものなど多彩なデザインが集まった。横須賀海上本部交通課は「予想を超える関心の高さで嬉しい」と振り返り、「今秋、すべての応募デザインをお披露目する展示会を企画しており、ぜひ来場を」と呼びかけている。

恋人の聖地のシンボル

 東京湾をはさみ、安房国(現在の南房総)を望むことからその名がつけられた城ヶ島東部の岩場、安房ヶ崎にある現在の安房埼灯台=写真右=は、1962年に初点灯。高さはおよそ11m、白色で円筒形の中心部分がくびれた独特の形状をしている。

 2016年には、日本ロマンチスト協会と日本財団による「恋する灯台プロジェクト」で、景観や造形美などが評価され、城ヶ島灯台とともに全国3000以上ある灯台のなかから関東で最も早く認定。観光名所の1つとして人気を集めている。

日々の活動を発信中

衆議院議員、小泉進次郎の日々の活動を写真や動画で紹介しています。

https://shinjiro.info/

<PR>

三浦版のトップニュース最新6

CO2排出実質ゼロへ

三浦市

CO2排出実質ゼロへ 社会

2050年までの達成めざす

5月15日号

回覧板の運用取り止め

回覧板の運用取り止め 社会

「感染不安」要望相次ぎ

5月15日号

新聞店がマスク1千枚寄付

【Web限定記事】

新聞店がマスク1千枚寄付 社会

保育施設などで活用

5月1日号

「経営直撃」先見えず

新型コロナ

「経営直撃」先見えず 経済

商議所窓口に相談続々

4月17日号

移動販売で食卓お助け

移動販売で食卓お助け 経済

苦境下の経営者がタッグ

4月17日号

26億円で二町谷地区売却へ

三浦市

26億円で二町谷地区売却へ 社会

ホテルなどリゾート開発

4月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク