三浦版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

潮風香る野外音楽フェス 城ヶ島で10月20日

社会

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena
イベント出演アーティスト
イベント出演アーティスト

 ロックやテクノ、フォークなど多彩な音楽ジャンルが楽しめる1日限りの野外フェス「三崎港の夕日と音楽 Sunset(サンセット) Crimson(クリムゾン)2019」が、10月20日(日)に県立城ケ島公園内で初開催される。主催者は「音楽を通して、地域の魅力を知ってもらえたら」と話し、“三浦ファン”の獲得に意欲を見せた。

 同イベントの前身は、2014年から18年まで三崎で開催された「芋煮ロックフェスティバル」。イベント目当てに三浦を初めて訪れる来場客も年々増え、「より多くの人に音楽と地域の魅力を伝えたい」と、芋煮とロックに限定しない新たなコンセプトを打ち出した。

 掲げるテーマは、地域の景観と魅力の発信、幅広い年齢層が楽しめるプログラム、食・文化・芸術の融合。三浦らしい豊かな自然に囲まれ、音楽を楽しめる場所として、同公園内での開催を模索。県土木事務所と協議を重ね、ユースホステル跡地を会場に決定。雄大な海と夕景を臨む城ヶ島のイメージから「三崎港の夕日と音楽 Sunset Crimson2019」と名付けた。

 近年、苗場スキー場や国営ひたち海浜公園などを会場に活況を呈している野外フェス。交流人口の増加、宿泊・飲食・交通・物販による経済効果、文化向上などで地域振興に一役かっており、実行委員会は「首都圏の音楽イベントとして育てていきたい」と話している。

石野卓球ら出演

 出演アーティストは、日本のテクノミュージックを牽引する「電気グルーヴ」の石野卓球をはじめ、フォークシンガーの友部正人・七尾旅人・白崎映美&東北6県ろ〜るショー!!・Soggy Cheerios(直枝政広・鈴木惣一朗)・Smooth Ace・ヘルメッツ・かもめ児童合唱団ほか(順不同・敬称略)。

 また、会場内には協力企業によるボルダリング体験やワークショップ、ドッグランや障害者優先観覧エリアを設けるほか、芋煮などの軽食・アルコールを提供するキッチンカーが出店する。

 「三崎から音楽による文化の発信が街のプラスになれば嬉しい」と実行委員の藤沢宏光さんは来場を呼びかけた。

◇  ◇  ◇

「三崎港の夕日と音楽 Sunset Crimson2019」/10月20日(日)/午前11時開場・午後8時終演予定/県立城ケ島公園/小雨決行/チケット料金3800円(中学生以下と同伴の犬は無料)/チケットぴあ・ローソンチケット・e+で販売中/【URL】https://sunsetcrimson.themedia.jp

三浦版のトップニュース最新6

録音で特殊詐欺に「NO」

三浦市防犯協会

録音で特殊詐欺に「NO」 社会

電話機貸与し、被害防止

11月29日号

連携で作る“三浦かぶ”

連携で作る“三浦かぶ” 社会

「農家と地域を元気に」

11月29日号

三浦産ダイコンを献上

三浦産ダイコンを献上 社会

大嘗祭(だいじょうさい)の供物に選ばれる

11月15日号

次代担う高校生応援

羽床総本店

次代担う高校生応援 社会

“農×水”コラボパスタ

11月15日号

「医療福祉の楽しさ触れて」

「医療福祉の楽しさ触れて」 社会

従事者らが職業体験会

11月1日号

三崎港にみこし集結

三崎港にみこし集結 社会

有志中心にパレード初開催

11月1日号

市社協が市内初登録

かながわSDGsパートナー制度

市社協が市内初登録 社会

多分野での実践が評価

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月29日号

お問い合わせ

外部リンク