三浦版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

学校給食夢コンテスト 初声小2児童が受賞 独創性や地産地消を評価

教育

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena

 給食で食べたい献立アイデアを競う「かながわ学校給食夢コンテスト」の表彰式が、先月27日に神奈川県歯科医師会館(横浜市)で開かれた。小中学校、特別支援学校の児童生徒らが理想の給食を考える「夢の献立」部門で、初声小学校の吉野和真さん(2年)と豊岡史絵里さん(5年)が表彰された。

 2人は地元の食材を活用した献立アイデア「地場産物をおいしく食べられるで賞」の神奈川県学校給食会賞(吉野さん)、JA神奈川県中央会賞(豊岡さん)を受賞。ともに「頑張って考えたので、とても嬉しい」と喜んだ。

 吉野さんは「おれは肉をくいたいんだ!!どん」を考案。豚・鶏・牛肉で、しょうが焼き・からあげ・焼肉をつくって豪快に丼にしたもの。苦手な野菜は控えめに、大好物だという肉を詰め込んだ独創的な丼だ。

 豊岡さんは好きな魚料理をテーマに、「三崎マグロと三浦野菜の魚づくし給食」と名付けた。マグロの頭の身を使ったつみれ汁と、マグロの煮つけ、デザートに三浦産のスイカをつけた地産地消メニュー。栄養バランスも考えられ、「魚のおいしい三浦で食べたい給食」と笑顔を見せた。

 同賞は、学校給食のイメージアップや食育の推進を目的として、県教育委員会や学校栄養士協議会、学校給食会、農業協同組合中央会、カゴメ株式会社が行っている。「夢の献立」部門では、国内外の郷土料理をもとにした「食文化」と野菜を楽しめる献立「野菜」の部門も表彰された。

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

三浦版のローカルニュース最新6

温かな日常の器

陶芸工房 夢窯

温かな日常の器 文化

交流センターで作品展示

11月29日号

温かなちぎり絵の世界

和志秋峰さん作品展

温かなちぎり絵の世界 社会

三崎口のルナタウンで

11月29日号

ゆったりと交流深めて

認知症カフェ

ゆったりと交流深めて 社会

11月29日号

地域で支える精神障がい

地域で支える精神障がい 社会

暮らしの実情を語る

11月29日号

Xmasコンサート

Xmasコンサート 社会

12月8日に市民ホール

11月29日号

花と緑に親しむ

花と緑に親しむ 社会

先着で苗木プレゼント

11月29日号

彫りと刷りの多様な表現

彫りと刷りの多様な表現 文化

横須賀美術館で「版画ワンダーワールド」

11月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月29日号

お問い合わせ

外部リンク