三浦版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

三浦観光バス 「のりもの」の今、体感 死角やリフト乗車など

社会

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
運転席からの死角を体感
運転席からの死角を体感

 株式会社三浦観光バス(根岸孝幸代表取締役)は、12月22日(日)に「みうらモビリティスクエア2019」を催す。

 独立行政法人「自動車事故対策機構」との共催で、交通安全を啓発する大型バスの運転席からの死角体感コーナーや車いすなどの電動リフトの乗降体験、ドライビングシミュレーターを使った運転適性診断を実施する。

 同社とその系列会社は、貸切バスの運行やレンタカー・レンタサイクルのほか、今年からスタートした「トゥクトゥク」=写真下=のレンタル、フードトラックの営業など、運送事業を中心に展開。「のりものでつなぐ未来」と題し、イベントを通して、大人から子どもまで、自社が保有するモビリティ(のりもの)に親しみ、楽しさや安全性を体感してほしいと初めて開催する。「『移動』の『手段』としてではなく、移動時間を楽しんだり、車両を『空間』としてとらえるなど、新たな価値を創造をめざしたい」と同社。

人気の移動図書館も

 毎月1回、同社と一般社団法人「うみとやまのこどもとしょかん」(葉山町)が開催する「”え”ほんふれあいていりゅうじょ」も開かれ、恒例の移動図書館が来場。観光バスの車内を読書室に見立て、読み聞かせなどが楽しめる。

 そのほか、キッチンカーによるフード販売、トゥクトゥクの会場間無料送迎、電動アシスト付き自転車の試乗など、多彩なプログラムも用意。

 会場は同社営業所(南下浦町上宮田1486の2/三浦海岸駅そば)ほか。午前10時から午後2時、参加無料。

 詳細は同社【電話】046・888・3821

三浦版のローカルニュース最新6

間伐材でものづくり体験

間伐材でものづくり体験 文化

山北町で5月29日に

5月1日号

健康的に痩せよう

販促マスクケースが話題

販促マスクケースが話題 文化

クーポン付きなどの例も

4月30日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月30日号

『RareA』に新ページ

『RareA』に新ページ 社会

茅ヶ崎情報「#ちがすき」

4月30日号

ジャズとクラシックの融合

タウンニュースホール

ジャズとクラシックの融合 文化

寺井尚子with中鉢聡

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter