三浦版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

三戸浜 迷惑キャンプお断り 漁港区域の釣りも全面禁止

社会

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena
堤防への進入を禁止する案内板
堤防への進入を禁止する案内板

 三和漁業協同組合初声支所は、初声漁港区域内のキャンプに対する規制を始めた。ごみの不法投棄や火の不始末、操業の妨げになる迷惑行為が近年増加。住民生活にも支障を及ぼしていることから、禁止期間の設定に踏み切った。また、従来から関係者以外の立ち入りを禁ずる三戸浜堤防を含め、区域内での釣り禁止を喚起する看板を設置した。

 初声町三戸浜周辺を区域とする初声漁港では、キャンプや釣り客による迷惑行為が近年問題となっている。

 三和漁協初声支所によると、同地は以前からキャンプ好適地や穴場釣りスポットなどと、インターネットや口コミで情報が広まり、昨今のアウトドアブームも起因して、3〜4年ほど前から休日を中心に訪れる人が増えたという。

 「とくに怖いのは火の扱い」と関係者。「砂浜での直火のたき火や後始末をせずに砂に埋める。漁船の陸揚げ時に使用する枕木を持ち出して薪に使われるケースも度々あった」と困惑する。

 また、たき火の煙による被害も大きく、海岸から道路を隔てた住宅街に煙が流れ込んでいる。昨秋には、砂浜に張られた20近いテントで一斉に火をたいたため、「煙たくて眠れなかった。洗濯物が干せないだけでなく、小さい子どももいて健康被害も心配」と前出の関係者は現状を訴える。

 その他にも、船の近くにテントを張って操業の妨げになるケースや、過去にはテントを使ったまま故意に放置して帰る人も。こうしたごみは地元ボランティアが拾い、市が回収していたが、今年から三戸区が処分費用を負担しなければならず対応に苦慮。まずは、マナーの徹底を呼びかけながら、駐車場が有料化するゴールデンウィークから夏季期間を除いたオフシーズン中をキャンプ禁止とした。

操業に実害

 釣り客による迷惑行為も後を絶たない。とくに三戸浜堤防は漁港施設であり、以前から関係者以外の立ち入りが禁止されているにもかかわらず、「手軽に海釣りが楽しめる場」と誤った情報が拡散。「根掛かりして切った針が漁具に引っかかって怪我をした漁師や、船のスクリューに糸が絡み除去費用として1回1万円ほど修理代が生じたりと実害があり、何より事故の危険性が高い」として、漁港区域内での釣り禁止徹底に努める。

三浦版のトップニュース最新6

入江に「ヤオコー」出店へ

入江に「ヤオコー」出店へ 経済

来春のオープンめざす

5月29日号

「生計立たず」相談増

生活福祉資金貸付

「生計立たず」相談増 社会

コロナ影響で70件超

5月29日号

CO2排出実質ゼロへ

三浦市

CO2排出実質ゼロへ 社会

2050年までの達成めざす

5月15日号

回覧板の運用取り止め

回覧板の運用取り止め 社会

「感染不安」要望相次ぎ

5月15日号

新聞店がマスク1千枚寄付

【Web限定記事】

新聞店がマスク1千枚寄付 社会

保育施設などで活用

5月1日号

移動販売で食卓お助け

移動販売で食卓お助け 経済

苦境下の経営者がタッグ

4月17日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク