三浦版 掲載号:2020年2月21日号 エリアトップへ

三浦市予算案 「将来見据えた堅実編成」 一般会計に166億円

政治

掲載号:2020年2月21日号

  • LINE
  • hatena

 三浦市は今月17日、2020年度の当初予算案を発表した。一般会計は、横須賀市とのごみ処理広域化に伴う最終処分場整備の完了などが起因し、昨年比12・8%減の166億5700万円の編成となった。事業見直しによる財源対策に取り組み、魅力創出や災害復旧支援などを盛り込んだ。

 「堅実未来型予算」。吉田英男市長は来年度の予算編成を「厳しい状況で堅実な財政運営を着実に実施しながら、向こう10年を見据えた取り組みを徐々に進めていく」と話した。

 新規事業では移住定住促進に1200万円を計上。庁内に設置されている移住相談窓口の継続運営のほか、三崎漁港のグランドデザインを作成する。

 市場の施設改修とスーパーヨット誘致活動が進む三崎漁港、利活用が検討される三崎中学校跡地等城山地区の魅力を高め、関係人口を増やすことで移住につなげるもの。なお、2015年度から実施するお試し居住「トライアルステイ」事業は終了。今後は民間主体で行われるという。

 子育て賃貸住宅整備事業は、公募により事業者を選定。事業契約を結び、2022年度までの整備をめざす。

 災害対策では、地域防災計画を修正。土砂災害特別警戒区域の指定に伴うハザードマップの更新に加え、新たに高潮浸水想定ハザードマップを作成する(600万円)。

 また、昨年の台風15号・19号で被災した農家・中小企業の経営再建を補助金を活用して支援する。

好調なふるさと納税

 歳入面では、新たな大型店舗出店による法人税が増加する一方で、個人市民税・たばこ税・都市計画税などが減少し、前年度比1・5%(8200万円)減の56億円を見込んでいる。

 地方交付税は7400万円増の41億5200万円、前年度比62・7%増となった財産収入は土地売り払いによるもの。市債は最終処分場建設の終了により、18億3600万円の大幅減少となる。

 好調なふるさと納税を含めた寄附金は、4億6000万円増の6億3900万円を計上する。吉田市長は、ふるさと納税によって他自治体へ流出する市税はおよそ2600万円とし、「地場産品のPRを含めて、ふるさと納税を活性化させたい」と展望を述べた。

 クラウドファンディング型ふるさと納税「みうらっ子応援プロジェクト」の2019年度の目標金額達成を受け、潮風スポーツ公園に子ども用大型遊具の設置、乳幼児健診への視覚聴覚検査機器の導入、災害時備蓄に乳幼児用食料や備品の整備を実施。来年度のプロジェクトでは、市内小中学校のトイレ洋式化をめざす。

三浦版のトップニュース最新6

26億円で二町谷地区売却へ

三浦市

26億円で二町谷地区売却へ 社会

ホテルなどリゾート開発

4月3日号

“書庫寺子屋”を居場所に

“書庫寺子屋”を居場所に 社会

休校受け、有志が開放

3月20日号

畑で繋がる生産者と消費者

畑で繋がる生産者と消費者 社会

「イベント通して農業知って」

3月20日号

最終処分場が完成

三浦市

最終処分場が完成 社会

不燃性残さを埋立

3月6日号

約5割が「住みよい街」

市民満足度調査

約5割が「住みよい街」 社会

健康・自然に高い評価

2月21日号

「将来見据えた堅実編成」

三浦市予算案

「将来見据えた堅実編成」 政治

一般会計に166億円

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク