三浦版 掲載号:2020年3月6日号 エリアトップへ

教育の質、高めるには 学校のあり方を談論

教育

掲載号:2020年3月6日号

  • LINE
  • hatena

 三浦青年会議所(三浦JC)は先月20日、「三浦市学校教育ビジョンをSDGsの観点から見る」を開いた。

 第1部の講演では、市教育委員会の及川圭介教育長が「学校教育ビジョン」の概要を説明。ビジョンには2025年度までに小学校を8校から3校にする統廃合計画が盛り込まれており、保護者や地域から不安の声があがっている点について、「統廃合は目的ではなく、手段のひとつ」と強調。小規模校化によるメリットはあるとしながらも、教育の質・教員の質の低下を防ぐため、一定規模の確保が必要として理解を呼びかけた。

 つづいて行われたパネルディスカッションは、及川教育長のほか、市政策課の矢尾板昌克課長、はっぴー子育て応援団の角田恵美会長、三浦JCの香山賢一郎理事長が登壇=写真。「これからの三浦に求められる力」をテーマに、統廃合後の施設活用や通学方法、まちづくりなどについて意見を交わした。

 三浦JCでは、国連が進める持続可能な開発目標(SDGs)を推進。17ある目標のひとつ、「質の高い教育をみんなに」を通して、三浦の教育の将来とSDGsを考える場として開催し、市民らが参加した。

市民団体が要望書

 市民団体「三浦まちづくりの会」(田中健介会長)は先月27日、「学校教育ビジョンに関するアンケートの実施を求める要望書」を市教委に提出した。

 同会では同ビジョンを考える意見交換会を4回開催。そのなかで、小学校の統廃合や小中一貫教育の実現性、通学の安全性などに関する不安や疑問が出されたという。2016年度に市教委が実施した小学校適正規模についてのアンケートで、1中学校区1小学校化と小中学校施設分離型の一貫教育の設問がなかったことに触れ、市民から広く意見を聞くアンケートを再度実施するよう要望した。

三浦版のローカルニュース最新6

コロナの便乗詐欺に用心

神奈川県警

コロナの便乗詐欺に用心 社会

動画で注意呼びかけ

5月23日号

市内事業者に最大100万円

市内事業者に最大100万円 経済

緊急経済対策で交付金

5月15日号

家庭の食卓お助け隊

来訪の証「御城印」いかが

来訪の証「御城印」いかが 社会

三浦一族ゆかりの4城

5月15日号

来年2月で営業終了

さいか屋横須賀店

来年2月で営業終了 経済

売り上げ回復めど立たず

5月15日号

運動プログラムを放送

運動プログラムを放送 社会

【Web限定記事】神奈川県とジェイコムが連携

5月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク