三浦版 掲載号:2020年3月6日号 エリアトップへ

三浦市 最終処分場が完成 不燃性残さを埋立

社会

掲載号:2020年3月6日号

  • LINE
  • hatena
鉄筋コンクリート造の貯留槽内部
鉄筋コンクリート造の貯留槽内部

 三浦市と横須賀市のごみ処理広域化に伴い2016年から建設工事が行われていた一般廃棄物最終処分場が、先月29日に完成した。両市から出た不燃性残さを埋立処理する施設で、4万8900㎥の容量を擁する。

 宮川公園となりに建つ三浦市一般廃棄物最終処分場は、敷地面積2万6180平方メートル。貯留槽は76・0m×47・5m×15・1mで、底面と内壁面は浸出水の外部流出と雨水などの浸入を防ぐため、何層にも重なる遮水設備が施されている。浸出水は併設する処理施設に送られ、浄化。処理水は埋立地に散水用として再利用される。

 また、貯留槽を屋根で覆う「クローズド型」を採用。景観配慮や埋立物の飛散・臭気拡散防止を図れるほか、従来の「オープン型」と異なり、天候の影響を受けずに埋立が可能となる。

 埋立可能容量は4万8900㎥で、期間は17年。両市から横須賀ごみ処理施設「エコミル」に搬入された不燃ごみと粗大ごみの処理過程で発生した不燃性残さを受け入れる。

横須賀市と共同処理

 両市は2008年6月にごみ処理広域化に関する協議会を設置し、同年12月に基本合意を交わして、09年3月に基本計画を策定。可燃ごみ焼却施設と不燃ごみ等選別施設(横須賀市)、一般廃棄物最終処分場(三浦市)の整備と相互間でごみ処理を委託する協議書を締結した。

 先月29日には落成式が行われ、吉田英男三浦市長と上地克明横須賀市長、工事関係者や地元宮川区役員らが完成を祝った。吉田市長はあいさつで「地元の理解あっての施設」と謝辞を述べ、安定した行政サービスの提供に意欲を見せた。
 

三浦版のトップニュース最新6

「男女共同参画」知って

三浦市

「男女共同参画」知って 社会

認知度の低さ課題に

10月8日号

散歩しながら地域防犯

三崎署

散歩しながら地域防犯 コミュニティ社会

愛犬家にパトロール隊任命

10月8日号

グランピング施設を提案

三浦地所

グランピング施設を提案 社会

城山地区利活用の事業契約へ

9月24日号

“ちょい乗り”で周遊促進

“ちょい乗り”で周遊促進 社会

電動キックボードをレンタル

9月24日号

ワクチン接種に補正予算

三浦市

ワクチン接種に補正予算 政治

総額およそ1億円

9月10日号

授業配信で学習機会確保

市立小中学校

授業配信で学習機会確保 教育

希望者にタブレット貸与

9月10日号

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月15日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook