三浦版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

三浦市 26億円で二町谷地区売却へ ホテルなどリゾート開発

社会

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena

 三浦市は、二町谷埋め立て地の土地売買契約をプレジャーボートの輸入販売などを手掛ける「株式会社安田造船所」(東京都大田区)と締結したと先月27日に発表した。売却金額は26億7千万円。ホテルや商業施設などの建設が予定されており、今後、1年ほどかけて具体的な事業計画が策定されるという。

 売却が決まったのは、マリンレジャーなど、海業振興を目的に企業誘致が進められてきた二町谷埋め立て地の多目的活用事業用地約7ヘクタール。2018年度、市と安田造船所は同地でのホテルやヴィラ、コンドミニアム、商業施設建設などのリゾート開発を盛り込む利活用プロジェクト基本協定を締結。昨年末までに土地売買契約を結ぶ予定だったが、調整に時間を要していた。

 今回明らかになったのは、愛知県名古屋市に本社を置き、医薬品事業やホテル事業を展開する「興和株式会社」の事業参画。土地所有権の一部を同社へ移すことが記され、今後は2社で合弁会社を作り、事業計画の策定を進めるとしている。

 先月27日に開かれた三浦市議会定例会で、財産処分(土地売却)の議案が審議され、全会一致で可決。議案質疑では、小林直樹氏(共産)から地元漁業協同組合との協議が難航していた浮桟橋建設や売却価格、事業計画策定のスケジュールなどの質問があった。

 浮桟橋の新設計画について、当初は岸壁西側に60mを1本、北側に40m4本の設置を想定していたが、漁船の航路を妨げるとして、漁業者が難色。西側に100m、北側に80mのものを岸壁と平行して各1本設置する代替案で同意を得たという。

 弊紙の取材に対し小林氏は、「売却が決まったことは一安心。今後、どのような実効性ある事業計画が作られるのか議会で注視し、食材や雇用など地元とのかかわりに期待したい」と話した。

 なお、水産関連事業用地には、和食やジュエリーなどの専門学校を運営する「学校法人水野学園」が進出をめざして協議を続けている。

□  □  □

 同地の分譲は土地開発公社によって07年から始まり、13年に栃木県内の企業と土地売買契約に至ったが、予約保証金2億円の期限内納入がなかったことから契約は解除。利活用が長年の懸案課題だった。

三浦版のトップニュース最新6

塗り絵で伝える「ありがとう」

塗り絵で伝える「ありがとう」 文化

市民の作品投稿募る

7月10日号

「新生活様式」で利用再開

三浦市施設

「新生活様式」で利用再開 社会

3密対策や消毒など徹底

7月10日号

海の安全、官民で啓発

海の安全、官民で啓発 社会

環境保全めざし協議会発足

6月26日号

CDで残す方言の記録

ひばりの会

CDで残す方言の記録 文化

危機感抱き保存活動

6月26日号

“善意のマスク”寄付募る

“善意のマスク”寄付募る 社会

「有効活用」市内で呼びかけ

6月12日号

コロナ禍で開設中止

三浦市海水浴場

コロナ禍で開設中止 社会

「十分な安全対策困難」

6月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク