三浦版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

金田出身 大場さん 笑顔と涙の介護つづる

社会

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena

 金田出身の大場育子さん=人物風土記で紹介=が、義母の介護のエピソードをつづったエッセイ本「育ちゃんの介護人生の道」(文芸社)=写真=を先ごろ出版した。

 「育ちゃんのドタバタ介護 只今、奮闘中」に続く第2弾。大場さんはアルツハイマー型認知症だった義母・きみよさん(享年98歳)の在宅介護を契機に一念発起して、ヘルパーや介護福祉士資格を取得。同著では、「人を元気にしたい、助けたい」と働き始めた介護の仕事のやりがいや、症状が進行するきみよさんとの穏やかな日々、認知症との向き合い方など悲喜こもごもが描かれている。また、当時、多感な年頃だった高校生の娘との距離感や夫のうつ病発症、三浦で農業を営む実父の老いなど、介護を通して浮き彫りとなった家族の問題もクローズアップする。

 現在は横須賀市内の施設「えびすデイサービスセンター」で生活相談員として従事する大場さん。「介護で悩むご家族に読んでもらえたら嬉しい」と話している。

 価格は1100円(税別)。

三浦版のローカルニュース最新6

身近な草花に親しんで

身近な草花に親しんで 文化

11月7日に催し

10月22日号

城ヶ島の昭和を巡る

未病ウォーク

城ヶ島の昭和を巡る 文化

10月22日号

小網代干潟の貝のふしぎ

小網代干潟の貝のふしぎ 文化

生態に迫る1冊

10月22日号

馬車道で音楽イベント

関内ホール

馬車道で音楽イベント 文化

10月31日公演に招待

10月22日号

鑑賞楽しむ4つのヒント

横須賀美術館

鑑賞楽しむ4つのヒント 文化

企画展「ビジュツカンノススメ」

10月22日号

力作を一堂に

秋の合同展

力作を一堂に 文化

書・絵画・盆栽など

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook