三浦版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

「三浦で一番の餃子めざす」 障害者施設が専門店開店

社会

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena
製造販売を担当する施設利用者と職員ら
製造販売を担当する施設利用者と職員ら

 上宮田の生活介護施設「三浦創生舎」を運営する社会福祉法人県央福祉会(大和市)は、グループホーム「クレアーレ三浦」(白石町)内に冷凍餃子直売店「餃子いちばん」を今月23日にオープンした。生活介護事業所の利用者4人が、製造と接客を担当。「障害がある人も活躍できる、地域と交流できる場にしたい」と、施設長の野村工さん=人物風土記で紹介=は来店を呼びかけている。

 三浦創生舎が開所した約10年前に自主製品の主軸として製造が始まった手づくり餃子。みうら市民まつりやハートフルマーケットなどで定期的に販売されてきた。餡に使う食材は、横須賀の肉卸問屋「古敷谷畜産」が脂身を独自配合した清川村のブランド豚・恵水ポークに、刻んだキャベツとニラを混ぜ、三浦唯一の製麺所「丸清製麺」の皮を使用。浜松餃子をベースとした濃厚で本格的な味わいに定評があり、常連客を増やしている。

 しかし、人気を博す一方で限られた作業スペースや機材での量産が難しかったため、新規開所するグループホームに併設する形で拠点を移転。それに合わせ、三浦で一番おいしい餃子をめざして、店名を「餃子いちばん」と名づけた。

社会参加の場に

 製造販売は、知的障害を持つ4人の事業所利用者が協力して作業にあたっている。「これまで怖くて出来なかった作業にも積極的に挑戦するなど、新しい調理場や機材になったことで意識の変化が出ている」と担当者。また、店舗は観光客も多い三崎地区に位置し、周辺には住宅も並んでいることから、さまざまな客層を想定。「お客さんとの交流を通して自信を持つきっかけになったら」と期待する。利用者らも「みんなに食べてもらいたい」「たくさん作っているので、お店に来てほしい」と笑顔でPRした。

 販売は午前11時から午後4時、土・日曜・祝日定休。1パック10個入りで、野菜・肉・にんにく・しょうが餃子が各350円、しそ餃子400円。住所は白石町21の10。今後、法人が運営する他施設の作業製品を店頭で取り扱うほか、焼きたて餃子の販売も視野に入れているという。

 詳細は同店【電話】046・854・4154

三浦版のトップニュース最新6

トップの座を射抜け

菊名在住ギャンビルさん

トップの座を射抜け スポーツ

ビームライフルで全国へ

6月24日号

幼・保・学童で就労説明会

三浦市

幼・保・学童で就労説明会 社会

深刻な人材不足受け初開催

6月24日号

駆け上がれ 夢の舞台へ

和田在住高橋さん

駆け上がれ 夢の舞台へ スポーツ

陸上800mで南関東に挑戦

6月10日号

コロナ関連給付事業に

三浦市補正予算案

コロナ関連給付事業に 社会

子育て世帯などへ支給

6月10日号

地域に広がれ紙芝居の魅力

地域に広がれ紙芝居の魅力 文化

愛好家らがグループ結成

5月27日号

土砂崩れ予兆把握にIoT

三浦市

土砂崩れ予兆把握にIoT 社会

民間事業者と実証実験

5月27日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook