三浦版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

観光情報サイトgooone 地元の日常を旅の魅力に コラムや案内サービスなど

社会

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena
△飲食店やイベント、季節の話題を紹介
△飲食店やイベント、季節の話題を紹介

 三浦・三崎に特化した観光情報サイト「gooone(ゴーン)」が、先月末にオープンした。三崎の出版社「合同会社アタシ社」が制作。地元記者を中心に、地元民ならではの視点で飲食店や街を紹介する記事やコラムを配信しているほか、観光案内サービスやオリジナルキャラクターを活用したPRにも力を入れる。編集長の三根かよこさん=人物風土記で紹介=は、「街の人と一緒になって作り上げていきたい」と抱負を話している。

 サイトでは、観光・三浦の旬・ニュース・暮らす・よみもの―の5つに分けて掲載。制作したアタシ社のミネシンゴさん・かよこさん夫妻のほか、親交のある“三浦三崎ファン”のライターたちが「地元民が愛する店」「常連しか知らないメニュー」など、検索サイトやSNSにないローカル情報を配信する。

 また、サイト内に24時間観光案内できるチャットボット機能を搭載。「マグロ以外でおいしいご飯屋さんは?」「ここでしか買えない素敵なお土産はある?」などの質問を選択すると、その場でおすすめを返信してくれ、希望に応じて編集部に直接問い合わせることもできる。

 また、オリジナルキャラクター=写真下=を制作し、親しみやすさにも工夫。三根かよこさんが「懐かしくて人間くさい、バカボンの世界のように感じた」という、三崎に移り住んだ当時の印象を落とし込んだ。今後はフォトスポットやステッカーなどでキャラクターを積極的に活用し、認知度を高めていく。

消えゆく名店に危惧

 サイトの構想が始まったのは、2018年の夏。時代の波とともに地元の名店がなくなる寂しさと、「観光客が知り得ない情報を提供することで、より三浦三崎の観光を楽しんでほしい、魅力を知ってほしい」との思いからだった。しかし、情報を集約するホームページがなく、「それならば」と、趣旨に賛同する仲間を募って地道に取材を進めてきた。

 行政や広告・助成金に頼らず、組合や協会といった枠組みにも縛られないからこその自由な表現が特徴で、「平等性を捨てたことで、1つひとつ自信を持って薦められる」と胸を張る。

 オープン翌週には、サイトを見た観光客が店を訪れるなど反響も上々。三根さんは「地域の方も協力的で喜んでくれた。旅の選択肢を増やし、三崎の日常も知ってもらえたら」と話した。

三浦版のトップニュース最新6

「男女共同参画」知って

三浦市

「男女共同参画」知って 社会

認知度の低さ課題に

10月8日号

散歩しながら地域防犯

三崎署

散歩しながら地域防犯 社会

愛犬家にパトロール隊任命

10月8日号

グランピング施設を提案

三浦地所

グランピング施設を提案 社会

城山地区利活用の事業契約へ

9月24日号

“ちょい乗り”で周遊促進

“ちょい乗り”で周遊促進 社会

電動キックボードをレンタル

9月24日号

ワクチン接種に補正予算

三浦市

ワクチン接種に補正予算 政治

総額およそ1億円

9月10日号

授業配信で学習機会確保

市立小中学校

授業配信で学習機会確保 教育

希望者にタブレット貸与

9月10日号

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月15日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook