三浦版 掲載号:2021年1月8日号 エリアトップへ

モデルハウスを避難所に 電力自給の強みいかす

社会

掲載号:2021年1月8日号

  • LINE
  • hatena
イスズのログハウスやトレーラーハウス
イスズのログハウスやトレーラーハウス

 三浦市は先月21日、株式会社イスズ(本社/川崎市)と「災害時における避難所としての施設等の使用に関する協定」を締結した。災害時、同社が晴海町に所有するモデルハウスなどを避難所として提供するもの。電力を自給自足するオフグリッドの同施設。停電時でも電源確保が可能という強みをいかし、避難者の生命維持や安全確保に役立てる。

 電力会社に頼らず電気を自給自足するオフグリッドのログハウスやトレーラーハウスの施工販売などを手掛ける株式会社イスズは、昨年10月、晴海町に「イスズ・ゼロエネタウン」と冠したモデルハウスを建設。建物内で使用するすべての電力を自家発電するログハウスやトレーラーハウスを披露した。吉田英男市長も視察に訪れ、これを機に同社から協定締結の申し出があったという。

 送電網はなく、替わりに屋根には太陽光パネルを設置し、使用されず余った電力は蓄電池に蓄電(最大12Kwh)が可能。太陽光温水パネルによってガスを使わずに温水を作ることができるほか、ろ過した雨水を貯めるタンクや水を使用しないバイオトイレ、薪ボイラーなども敷地内に備えている。

 三浦市はこれまで市内の老人ホームや高校、農協集出荷場などと災害時の広域活動拠点施設や津波避難ビルとして提供を受ける協定を締結しているが、モデルハウスが避難所となるのは初めて。電力や水など最低限のライフラインが確保できることから市は、市民の生命維持・安全確保への貢献に期待を寄せている。

三浦版のトップニュース最新6

コロナ患者搬送に民間の力

クルーズ船集団感染

コロナ患者搬送に民間の力 社会

活動から1年を振り返る

2月19日号

コロナ禍で繋がる市民活動

三浦市

コロナ禍で繋がる市民活動 社会

対面・ネット併用で催し

2月19日号

大根食べて、農家を応援

大根食べて、農家を応援 経済

加工や直売で消費喚起

2月5日号

大型遊具設置へ

潮風スポーツ公園

大型遊具設置へ 社会

年度内の完成めざす

2月5日号

食が繋ぐ命を伝える

小網代在住小渕さん

食が繋ぐ命を伝える 社会

3月2日まで絵本原画展

1月22日号

コロナで打撃の農家支援

三浦市

コロナで打撃の農家支援 文化

経済対策で10万円給付

1月22日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク