三浦版 掲載号:2021年3月5日号 エリアトップへ

三浦市予算案 歳出抑制の堅実財政運営 ふるさと納税好調で寄附増

政治

掲載号:2021年3月5日号

  • LINE
  • hatena

 三浦市は先月17日、総額171億5551万1千円(前年比3・0%増)となる2021年度当初予算案を発表した。喫緊課題である人口減少、地域活性化のほか、新型コロナウイルスワクチン接種や城山地区利活用に関する事業などを盛り込んだ予算を編成。好調なふるさと納税と事業見直しによる堅実な財源対策で収支均衡を図る。

 歳入は、新型コロナによる市税減少で3・3%減の54億2千万円となる一方、寄附金は好調を維持するふるさと納税が大きく押し上げる形で7億8千万円(22・1%増)と試算する。

 昨年10月に、二町谷埋立地の売却をはじめとする緊急緊縮財政の取り組みで一定の成果が見られたと発表。以降も財政健全化を進め、28項目のうち12の取り組みで、約5億5千万円の効果額を予算案に反映したという。

 市の貯金にあたる財政調整基金の取り崩しは4600万円で、残高見込みは10億4千万円。

ハード整備を加速

 主要事業として、新型コロナウイルスワクチン接種に2億1千万円を計上。ハード整備では、旧三崎中学校跡地を含む城山地区利活用(1500万円)、南下浦市民センター用地に新設する子育て賃貸住宅(480万円)、市民交流拠点(1億7千万円)などの事業を継続して推進する。

 そのほか、妊婦健診の受診等のためのタクシー券や新生児聴覚スクリーニング検査に対する補助、施設・道路の防災対策、伝統芸能等伝承振興などの事業は、ふるさと納税を財源に実施。

 また、クラウドファンディング型ふるさと納税「みうらっ子応援プロジェクト」に集まった寄附金は、小中学校のトイレ洋式化に活用。まずは生徒1人あたりの洋式トイレ率の低い三崎中学校と初声中学校に整備予定だという。

 予算案は現在開会中の三浦市議会で審議される。(今月2日起稿)
 

三浦版のトップニュース最新6

「身近な下水道に親しみを」

三浦市

「身近な下水道に親しみを」 社会

マンホールカード発行

4月16日号

観光振興へ強力タッグ

観光振興へ強力タッグ 社会

5者が連携協定締結

4月16日号

産後ケア事業を拡充

三浦市

産後ケア事業を拡充 社会

宿泊型サービス開始

4月2日号

地域デビューの手引書製作

地域デビューの手引書製作 社会

高齢者の社会参加を促進

4月2日号

人気トマト、安全のお墨付き

三浦初声高校

人気トマト、安全のお墨付き 教育

「JGAP」認証を取得

3月19日号

鎮守の森、一緒に守って

海南神社

鎮守の森、一緒に守って 社会

ナラ枯れ防除費用募る

3月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter