三浦版 掲載号:2021年3月19日号 エリアトップへ

海南神社 鎮守の森、一緒に守って ナラ枯れ防除費用募る

社会

掲載号:2021年3月19日号

  • LINE
  • hatena
昨年6月頃に撮影された鎮守の森=写真上=と、今年2月の伐採作業の様子(神社提供)
昨年6月頃に撮影された鎮守の森=写真上=と、今年2月の伐採作業の様子(神社提供)

 海南神社では、カシノナガキクイムシ(以下「カシナガ」)が媒介する菌が原因で樹木が枯れる「ナラ枯れ」が深刻化し、地元住民に親しまれてきた「鎮守の森」が被害を受けている。先月末には伐採作業が行われたが、広範囲に被害が拡大していることを確認。維持管理に多額の費用がかかることから、同神社では寄付による支援を募っている。

 ナラ枯れと呼ばれる「ブナ科樹木萎凋病」は、ナラ・シイ・カシなどのブナ科樹木に「ナラ菌」を持ったカシナガが入り込むことによって、急激に枯死する伝染病を指す。県によると、2017年に箱根町や市内小網代で確認されて以降、県内で広がっている。

 海南神社で被害が確認されたのは、昨年6月頃。テレビ番組の収録でドローンによる空撮を行ったところ、社叢(しゃそう)の所々に変色している樹木を見つけたという。3本の大木が、県重要文化財にも指定されている本殿の屋根に覆いかぶさるようになり、倒木の危険性を鑑みて伐採を決めた。

 先月末に伐採作業が行われたが、同神社によると少なくともまだ10本が立ち枯れしているとみられ、被害蔓延を防ぐには早期に伐採などの対策が必要という。

 しかし、現時点では国や市からの助成はなく、高所作業車を使った崖地での特殊作業などに、およそ200万円の費用が必要。米田郷海宮司は、「鎮守の森を後世に残すため、協力してほしい」と寄付を呼びかけている。

 詳細は同神社【電話】046・881・3038

三浦版のトップニュース最新6

ワクチン接種に補正予算

三浦市

ワクチン接種に補正予算 政治

総額およそ1億円

9月10日号

授業配信で学習機会確保

市立小中学校

授業配信で学習機会確保 教育

希望者にタブレット貸与

9月10日号

7億9千万円で最多更新

ふるさと納税

7億9千万円で最多更新 経済

コロナ被害支援も一因

8月27日号

「小児がんとの闘い支えて」

「小児がんとの闘い支えて」 社会

両親ら募金協力呼びかけ

8月27日号

1週間で感染20人超

新型コロナウイルス

1週間で感染20人超 社会

若い世代に増加傾向

8月6日号

知識深めて地域にいかす

知識深めて地域にいかす 社会

「ニナイテカレッジ」開講

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook