三浦版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

ホーストレッキングファーム三浦海岸 奔走する16歳のCEO 「馬の魅力を多くの人に」

社会

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena
小柳さんと愛馬の「ナポレオン」(写真提供/ホーストレッキングファーム三浦海岸)
小柳さんと愛馬の「ナポレオン」(写真提供/ホーストレッキングファーム三浦海岸)

 広い砂浜を駆ける馬、夏の海をざぶざぶと泳ぐ馬。その様子を初めて見る観光客は目を丸くして驚くが、地元住民にとってその風景は日常になっている。

 これらは上宮田の「ホーストレッキングファーム三浦海岸」が提供する、人気のアクティビティ。年月をかけて、地元の理解を得ながら育ててきた三浦海岸の観光資源のひとつだ。

◇  ◇  ◇

 同ファームは、もともと他の乗馬クラブの外場施設として誕生。14年から現在の屋号に変わり、昨年6月からは当時15歳だった小柳充輝さんが前オーナーから引き継ぎ、CEO(最高経営責任者)を務める。

 小柳さんは都内在住で、現在インターナショナルスクールの11年生。体験学習ツアーの一環で初めて乗馬を体験して以来、母親の影響もあって6歳から三浦海岸に通い始めたという。

 あるとき、師匠のように慕っていた前オーナーが、長年の夢だった競走馬にかかわる仕事に挑戦するため、クラブを離れることに。後継者が現れず、存続も危ぶまれるなか、「三浦海岸に馬のいる風景を守りたい」と名乗りを上げた。

 昨年6月、コロナ禍での事業承継。緊急事態宣言の解除を待ってのリスタートだったが、外出自粛の影響で利用客は減少。毎年予約で埋まるはずの夏も、昨年は稼働率が低かったという。

 建て直しを図るため、CEOとして率先して行動。大人たちのサポートを得て、ホームページの改修や顧客へのDM送付のほか、蹄鉄を使ったアート体験付きプランの商品化などに奔走した。その甲斐あって徐々に、客足は戻りつつある。そして、新たなニーズを探るなかで見えたのは、「もっと気軽にたくさんの人が馬とふれあえる場を作りたい」という思いだった。

 先月からは自身の人脈を駆使して観音崎京急ホテルと連携。同ホテルでミニチュアポニーとのふれあいを楽しむ新アクティビティもスタートした。餌やりや写真撮影、観音崎海岸の散歩や騎乗しながら専用コースを進むことができる体験メニューを用意。土日限定のサービスながら、親子連れを中心に好評を博しているという。

経営と学業の両立

 じつは15歳の誕生日に、音や音楽を活用したヘルスケア・教育プログラムを開発する新会社も起業している小柳さん。学業との両立は「意外と何とかなる」とけろりとする。テスト勉強に追われ、友人とアカペラグループを組んで練習に励んだり、深夜までゲームで盛り上がったりと高校生らしい一面も覗かせ、長年の愛馬「ナポレオン」とのふれあいも心和む時間だという。

 今後は、子ども向けのサービスや、自身の強みをいかして、馬と音楽をコラボレーションさせた新たな商品開発も視野に入れている。「馬の魅力を多くの人に感じてもらえたら」

◇  ◇  ◇

 ホーストレッキング観音崎海岸の予約は【URL】https://miuracocoon.com/activitiesへ。

三浦版のローカルニュース最新6

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月10日号

販促・記念グッズに

オリジナルエコバッグ

販促・記念グッズに 社会

もらってうれしい実用品

4月2日号

法人会青年部会小学校に本寄贈

県内SDGs事例を冊子に

県内SDGs事例を冊子に 社会

中小企業の15事例掲載

4月2日号

自分史づくり初級編

田浦ふれあい住宅

自分史づくり初級編 文化

4月2日号

コロナ対策に20万円寄附

明治安田生命

コロナ対策に20万円寄附 社会

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter