三浦版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

京浜急行電鉄 快特電車で産地直送 野菜の貨客混載実証実験

社会

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena
快特電車の最後尾車両に乗せられたコンテナ
快特電車の最後尾車両に乗せられたコンテナ

 京浜急行電鉄(本社・横浜市西区)は、先月23日に快特電車の一部スペースを使って三浦産の野菜を輸送する貨客混載の実証実験を行った。

 同社でのこうした試みは初めて。「新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、人・物の流れが大きく変化する中で、改めて沿線の貴重な資源である新鮮な三浦野菜のPRを目的に実施した」と話す。

 野菜は初声町和田の河田農園のもので、朝採れの春キャベツやブロッコリーをはじめ、ダイコン、ニンジン、スナップエンドウなど計7種。生産者である河田成夫さんが、コンテナに入れた野菜を三崎口駅に運んだ。「比較的混雑が少ない時間帯の旅客列車スペースの活用」として、午前10時26発の快特高砂行きに積載。11時4分、定刻どおり上大岡駅に到着した。

 荷下ろし後、京急百貨店の1階改札前特設会場に運ばれ、京急ストアによって販売。産地直送のキャベツなどを買い求める客らでにぎわったという。

 同社はこれまでにも、

三崎のうらりマルシェとのコラボレーション企画を実施。京急川崎駅に停車している車両内で三浦野菜などを販売する「京急うらりマルシェ号」の開催や、京急ストア内に三浦市産農産物直売コーナーを設けるなど、PRに力を入れている。
 

三浦版のローカルニュース最新6

多彩な書、一堂に

さかえ書道教室

多彩な書、一堂に 文化

4月16日号

立候補予定者向け説明会

立候補予定者向け説明会 社会

市長選・市議補欠選挙

4月16日号

相互協力体制を確認

青年会議所神奈川ブロック

相互協力体制を確認 経済

吉田市長と意見交換

4月16日号

元気な脳で認知症予防

元気な脳で認知症予防 社会

65歳以上の健康教室

4月16日号

「灯り」のドールハウス展

「灯り」のドールハウス展 社会

横浜人形の家

4月16日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter