三浦版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

岬陽小の存続求める 1200超の署名提出

教育

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena

 市民有志グループ「岬陽小学校の存続を求める会」(伊藤令子代表)は今月9日、三浦市長と教育長に対し、同校の統廃合計画を白紙にするよう求める陳情書と、近隣住民などから集めた1212筆の署名を提出した=写真。

 計画は少子化による教育への影響を最低限にするため、市教委が策定した「学校教育ビジョン」に基づく。三崎地区は3校、南下浦地区は4校から、それぞれ1校に統廃合し、1中学校区1小学校の施設分離型小中一貫教育を推進するもの。

 同会は通学距離の長距離化や教職員数減少による教育の質の低下、災害時避難所の確保などを危惧。伊藤代表は「コロナ禍で状況は変化しており、無理に推し進めないでほしい」と話す。これに対し、市教委は「2025年度の目途にとらわれず、市民の意見を聞き慎重に検討したい」と回答した。

 これまで、昨年12月に名向小学校、2月に三崎小学校の存続を求めた陳情書が提出。署名は3団体で約4700にのぼり、現在南下浦地区でも同様の署名活動の準備が進められているという。

三浦版のローカルニュース最新6

学校教育ビジョンを考える

三浦まちづくりの会

学校教育ビジョンを考える 教育

10月8日号

「うんこドリル」で啓発

三浦市交通安全協会

「うんこドリル」で啓発 教育

市内小学校に寄贈

10月8日号

秋の小演奏会

秋の小演奏会 文化

10月23日、音楽のつどい

10月8日号

マンホールカード配布再開

デッサンを楽しもう

デッサンを楽しもう 文化

11月13日に講座

10月8日号

コロナ禍でも「生徒と共に」

コロナ禍でも「生徒と共に」 教育

私立学校協会の理事長に聞く

10月8日号

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月15日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook