三浦版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

クラシックボートアワード 「シナーラ」がアジア初快挙 シーボニア母港の木造帆船

文化

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena
帆走するCYNARA(写真提供/リビエラグループ)
帆走するCYNARA(写真提供/リビエラグループ)

 リビエラグループ(東京都)が所有し、小網代のシーボニアマリーナで本格修復を行った大型木造帆船「CYNARA(シナーラ)」が、英国の「Classic Boat Awards 2021」でアジア圏では初めて「帆船レストア・オブ・ザ・イヤー(40 ft以上)」を受賞した。同社は「前時代の優れた造船を今に伝え、教育や環境、ヨット文化へ貢献したい」としている。

 「CYNARA(シナーラ)」は、1927年に英国で建造された全長29・26m、全幅5・69m、総重量73tのガフケッチ型ヨット。クラッシックヨットの中でも希少価値の高いビンテージヨット(建造から約100年近くを経て、かつ完成度の高い帆船)に分類され、7枚の帆が美しく優雅な様子から「海の貴婦人」とも呼ばれている。これまで世界の海を帆走し、映画「アリベデルチ・ベイビー」出演やミュンヘン五輪のセーリングイベントにも参加してきたという。1973年には、195日間の航海を経て英国から三崎に入港。以来48年間、シーボニアマリーナをホームポートとしている。

 老朽化が進み、それまで大規模な修復が行われておらず、リビエラは2015年に「CYNARAレストアプロジェクト」を立ち上げ、特設ドックをシーボニアマリーナに設置。世界12カ国・50人以上の職人が集まり、6年かけて日本初となる大型木造クラシックヨットの本格修復を終えた。可能な限り建造当時の部材のリユース。船体のチーク材を一枚ずつ取り外し、磨き上げて9割再利用した。そのほかの部材も、一部はグループ施設でモニュメントにするなど保管や活用を行っている。

 よみがえったCYNARAは、世界の最も美しい船を紹介する英国専門誌が主催する「Classic Boat Awards 2021」に、アジア初選出。「クラシックヨットに関わる全ての人の情熱と献身を讃えて贈られる賞」という「帆船レストア・オブ・ザ・イヤー(40 ft以上)」部門で6艇が競い、受賞の快挙を遂げた。

三浦版のトップニュース最新6

3年ぶりに開催へ

三浦国際市民マラソン

3年ぶりに開催へ スポーツ

種目限定で3密対策徹底

10月22日号

抗体カクテル療法導入

三浦市立病院

抗体カクテル療法導入 社会

専用病床確保で体制整備

10月22日号

「男女共同参画」知って

三浦市

「男女共同参画」知って 社会

認知度の低さ課題に

10月8日号

散歩しながら地域防犯

三崎署

散歩しながら地域防犯 コミュニティ社会

愛犬家にパトロール隊任命

10月8日号

グランピング施設を提案

三浦地所

グランピング施設を提案 社会

城山地区利活用の事業契約へ

9月24日号

“ちょい乗り”で周遊促進

“ちょい乗り”で周遊促進 社会

電動キックボードをレンタル

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook