三浦版 掲載号:2021年6月25日号 エリアトップへ

三浦市海水浴場 7月に3カ所で開設へ 利用ルール定めて運営

社会

掲載号:2021年6月25日号

  • LINE
  • hatena
昨夏、三浦海岸に立てられた安全対策を促す看板
昨夏、三浦海岸に立てられた安全対策を促す看板

 三浦市は今月11日、今夏の市内海水浴場について、三浦海岸・荒井浜・和田の3カ所で開設すると発表した。県のガイドラインを参考に運営ルールを独自に定め、感染症対策を講じた上で7月に海開きする。なお、大浦と横堀は昨年に続いて2年連続で中止となる。

(今月22日起稿)

 今年、市内に5つある海水浴場のうち、和田が7月2日(金)から、三浦海岸と荒井浜は同16日(金)から、それぞれ8月31日(火)まで開かれることになった。

 海水浴場組合や市など関係機関でつくる「三浦地区海水浴場対策協議会」は、利用方法をはじめとした三浦独自の指針を、県の「海水浴場ルールに関するガイドライン」に基づいて策定している。今夏開設を見送った大浦と横堀海岸の対策を含めて検討し、安全で安心して利用できる海をめざすという。

 新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、県内すべての海水浴場の設置が見送られた昨夏。三浦市でも県が示した感染防止対策ガイドラインを順守した運営が困難であることや、来場客の集中による地元への影響を踏まえ、中止した。

 県は遊泳自粛や感染症対策の徹底を呼びかける立て看板を設置したり、ライフセーバーを配置。パトロールを実施し、事故防止や治安・風紀、美化に取り組んだ。

分かれる対応

 三浦半島内でも開設の可否は分かれている。

 横須賀市は長浜、逗子市は逗子海岸、葉山町は森戸、一色、長者ケ崎・大浜の3カ所で開設を予定。一方で、鎌倉市は市内外から多くの来場客が訪れることによる感染拡大のリスクを懸念し、近隣住民の理解を得ることが難しいとして、2年連続で設置見送りを先月末発表している。

三浦版のトップニュース最新6

グランピング施設を提案

三浦地所

グランピング施設を提案 社会

城山地区利活用の事業契約へ

9月24日号

“ちょい乗り”で周遊促進

“ちょい乗り”で周遊促進 社会

電動キックボードをレンタル

9月24日号

ワクチン接種に補正予算

三浦市

ワクチン接種に補正予算 政治

総額およそ1億円

9月10日号

授業配信で学習機会確保

市立小中学校

授業配信で学習機会確保 教育

希望者にタブレット貸与

9月10日号

7億9千万円で最多更新

ふるさと納税

7億9千万円で最多更新 経済

コロナ被害支援も一因

8月27日号

「小児がんとの闘い支えて」

「小児がんとの闘い支えて」 社会

両親ら募金協力呼びかけ

8月27日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook