三浦版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

西海岸線未整備区間 23年度の事業着手へ 知事「早期整備に取り組む」

社会

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena
西海岸線の位置と周辺地図
西海岸線の位置と周辺地図

 京急三崎口駅付近から三崎漁港までを結ぶ都市計画道路・西海岸線。未整備だった北側2・5Kmについて、黒岩祐治知事は「早ければ2023年度から測量などの整備事業に着手する」と明らかにした。先月25日に行われた県議会本会議で、石川巧氏の一般質問に答えた。地元からは、地域活性化や渋滞緩和、利便性向上に期待する声が上がっている。

 西海岸線は小網代から三崎漁港までの南側約3・1Kmは整備が済み、残る三崎口駅までの北側約2・5Kmが未整備だ。区間内には貴重な干潟が残る小網代湾があり、600mを超える橋梁が建造されることから、自然環境に与える影響などが課題となり、工事着手に時間を要していた。

 一方で、国道134号や県道26号の慢性的な渋滞に悩まされる市民や事業者から早期整備を望む声も上がっていた。また、県の「新たな観光の核づくり事業」や、京浜急行電鉄などが三浦半島の都市近郊リゾート化計画を打ち出し、市内の開発事業の加速化が見込まれ、道路整備の必要性がさらに高まっている。

「調和」課題に

 答弁によると、2017年までに現状調査を終え、18年度からどのような橋梁にするか比較検討を開始。20年度からは小網代湾内への橋脚設置の可能性を考慮し、海域の水質や生態系の調査に乗り出した。今年度は、これらの調査や専門家の意見、地元の意向に基づいて、環境への影響を抑え調和する橋梁形式の選定を進める。

 石川氏の質問に答えた黒岩知事は、「速やかに詳細の設計を行い、順調に行けば2023年度には用地取得に向けた測量などの事業に着手する」と述べ、早期整備に意欲を見せた。

三浦版のトップニュース最新6

グランピング施設を提案

三浦地所

グランピング施設を提案 社会

城山地区利活用の事業契約へ

9月24日号

“ちょい乗り”で周遊促進

“ちょい乗り”で周遊促進 社会

電動キックボードをレンタル

9月24日号

ワクチン接種に補正予算

三浦市

ワクチン接種に補正予算 政治

総額およそ1億円

9月10日号

授業配信で学習機会確保

市立小中学校

授業配信で学習機会確保 教育

希望者にタブレット貸与

9月10日号

7億9千万円で最多更新

ふるさと納税

7億9千万円で最多更新 経済

コロナ被害支援も一因

8月27日号

「小児がんとの闘い支えて」

「小児がんとの闘い支えて」 社会

両親ら募金協力呼びかけ

8月27日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook