三浦版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

海外町出身 大隈さん 「介護職はやりがいの塊」 事業継承で独立決める

社会

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena
デイサービスの利用者と談笑する大隈さん
デイサービスの利用者と談笑する大隈さん

 三浦市の人口約4万1千人のうち、65歳以上の高齢者の割合を示す高齢化率は40%超。少子化が顕著で進学や就職、結婚により市外へ転居する若者も多いなか、後継者がおらず閉鎖予定だった地元の介護事業所を承継した市内出身の男性がいる。「育ててもらった地域のために頑張りたい」。一念発起に駆り立てた思いや介護の仕事のやりがいを9月20日の敬老の日を前に取材した。

  *  *  *

 海外町で生まれ育った大隈伸さん(横須賀在住)は現在42歳。三崎小・三崎中出身の生粋の三崎っ子だ。市内で高齢者デイサービスと訪問介護事業を運営する「NPO法人コスモスの家」(諸磯)の経営を、今年4月に前理事長から引き継いだ。

 同法人は「誰もが年をとっても孤独にならず、住み慣れた地域の中で生き生きとした在宅生活が続けられるように」と、1997年にミニデイサービスを開設。03年にNPO法人化し、今年3月まで配食サービスとの3本柱で展開してきた。

  *  *  *

 大隈さんが介護の仕事を意識し始めたのは、転倒による怪我で要介護状態となった祖母の存在だった。知識や技術がなければ支えることができないと考えた。学ぶうちに夢中なり、それまで勤めていたアパレル業界から介護職に転身を決意。ちょうど30歳の時だったという。

 業界大手に就職し、現場と事務の両面から研さんを積んだ。「やりがいはこれ以上ないくらい。いずれは地元で独立を」との思いを強くしていたある日、知人から思わぬ知らせが舞い込んだ。「理事長の高齢化により、後継者がいなければ閉鎖になる事業所がある。いい所なので潰れるには惜しい。ぜひ見に来ないか」。誘われるまま訪問すると、自身が思い描いていた理想に近い、「三浦らしいあったかい介護の形」があり、事業承継を決めた。

 引継ぎ中は、約30人のスタッフと約40人の利用者を抱える経営者となることへのプレッシャーが日に日に大きくなっていたというが、いざ代替わりしてみれば、頼もしいベテラン職員の支えもあり、忙しくとも利用者とふれあえる日々が「幸せ」だという。モットーは何より先に他者を思いやる利他の心。法人の理念にも掲げた大切にしている言葉だ。

 地元の同級生からは三浦への突然のUターンに、冗談半分・本音半分で心配されることもあったというが、大隈さんは「介護職はやりがいの塊」と笑顔で語った。
 

三浦版のローカルニュース最新6

横浜で「城」の祭典

読者プレゼント

横浜で「城」の祭典 文化

12月18日・19日開催

11月27日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

11月20日号

体に優しい薬膳正月料理

体に優しい薬膳正月料理 文化

12月14日に講座

11月19日号

癒しの匂い袋づくり

癒しの匂い袋づくり 文化

三樹院でお香教室

11月19日号

伝統の和菓子を楽しむ

伝統の和菓子を楽しむ 文化

茶通・練り切りづくり

11月19日号

思い出の名曲が蘇る

タウンニュースホール

思い出の名曲が蘇る 文化

サーカス コンサート

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook