三浦版 掲載号:2022年5月13日号 エリアトップへ

「篠笛」職人・水野 建比古さん(76歳) いきいきシニア「元気の源」は

文化

掲載号:2022年5月13日号

  • LINE
  • hatena

 「ピ〜ヒャラリ〜」。鳥のさえずりのような清々しい音色が薫風に響き渡る。天神町在住の水野建比古さんは、日本古来の郷土芸能に用いられる「篠笛」を15年以上にわたって作り続けている。これまでに制作した数は約500本にものぼる。完成品の評価は、自らの手と口で1本1本奏でて確かめる。「うん。まあまあだ」。艶のある表面に細長く映った自分に強く頷いて見せる。

納得のいく音を求めて

 三浦下町で生まれ育った。戦後、日本にブームを巻き起こしたハワイアンの甘く美しい調べに魅了され、大学時代にバンドを結成した。長身を活かした華麗な演奏で、ウッドベースを担当。「若い頃は結構ブイブイ言わせていたんだよ」と頬を紅潮させる。

 ただミュージシャンとして生計を立てられられるのは、ほんの一握り。大学卒業後は、理科の教員として葉山中、上原中、大楠高、三崎高、追浜高で生徒を指導した。

悔しさバネに

 定年を間近に控え、「第二の人生」として夢中になれることを探し求めた。「粋でいなせな庭師とか、職人に憧れた。道を極めようとする姿は格好良いからね」

 そんな折、妻・節子さんから「篠笛」職人の赤坂敏照さん(横須賀市在住)を講師に招いた「笛作り教室」が開かれることを聞き、参加することに。「手先は器用と思っていたけれど、音程がバラバラになってしまって。情けなさと同時に、奥が深い楽器だと痛感した」。以降、赤坂さんに師事。職人として納得のいく音を求め続ける新たな生活が幕を開けた。

傷痕は勲章

 三浦半島に住む知人から青竹を譲ってもらい、1節ずつカット。竹が水を吸収しない冬場に天日干し。腐らせず、丈夫にするのがポイントで、雨に打たれないよう細心の注意を払う。先端が3つに分かれた刃を持つ鼠歯錐で空洞部に穴を開ける。数ミリずれただけで音が狂う繊細な作業だが、電動ドリルは使わない。「手作りの温もりが違う。誤魔化しは利かない」。怪我は付き物で、自宅の引き出しの中には絆創膏がぎっしり。「傷痕は勲章」とゴツゴツした掌を見せる。飾りと補強の意味合いで、籐を裂き、丁寧に巻いていく。漆を塗れば光輝を放つ。

 これで終わりではない。全ての指孔を塞いで鳴らす最低音「筒音」を最も重要視する。全身の産毛が逆立つような期待と不安の中、一吹き。3本並行して制作したうち、選りすぐりの1本を残す。ほか2本は「バキッ」とあっけなく葬り去るこだわりぶりは、囃子の演奏者などから評判を呼び、今では全国各地からオファーが舞い込む。依頼者の顔を思い浮かべながら、指の太さや長さに合わせてオーダーメイド。「たまに自分は天才だと思うような笛も出来るけれど、まだ修行の身。もっと良い品が出来るはず」。決しておごらず努力を積み重ねる。

120歳まで生きる

 今後の目標を尋ねると空中に大きな「120」と書いて見せた。「健康寿命を延ばそう」と10年前から自戒して酒と煙草はやめた。腕立て伏せ60回、腹筋と背筋100回ずつ行うことを毎日怠らない。「習慣化すれば苦ではない。道具を使うだけの力は維持したい」。筋骨隆々とした肉体はまるでアスリートだ。

 三浦太鼓「和太穂」のメンバーとしても活動。3年ぶりに開催されることが決定した「道寸祭り」で息の合った迫力のステージを披露する。

 「若い人には負けないよ」と喜色満面の笑みを浮かべる。誰の目も気にせず、自分の世界を自由に楽しんでいる。

三浦版のローカルニュース最新6

みうら夜市今年も中止

「でっけぇマグロ獲ってこーい」

三崎漁港 花暮崖壁

「でっけぇマグロ獲ってこーい」 経済

新造船9年ぶり出航で賑わう

6月24日号

ラクロス6人制コート整備

潮風スポーツ公園

ラクロス6人制コート整備 スポーツ

女子日本代表が強化練習

6月24日号

夏のボーナス支給

三浦市

夏のボーナス支給 経済

一般職平均約75万円

6月24日号

市に絵本など寄贈

CFネッツ

市に絵本など寄贈 文化

倉橋代表がプロデュース

6月24日号

おしゃれな周遊ツアー化へ

「三浦野菜」活用

おしゃれな周遊ツアー化へ 経済

”チャリピク”社会実験

6月24日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook