三浦版 掲載号:2022年5月27日号 エリアトップへ

三崎下町環境美化の会一斉清掃初開催 ポイ捨てNO‼住民の手できれいに

コミュニティ社会

掲載号:2022年5月27日号

  • LINE
  • hatena
枯れ葉や雑草なども丁寧に取り除き、ホウキで掃いて集めた
枯れ葉や雑草なども丁寧に取り除き、ホウキで掃いて集めた

 30を超える地元住民や事業者らでつくる有志団体「三崎下町環境美化の会」(秋本清道代表幹事)が5月20日、三崎下町地区の一斉清掃を行った。一昨年の団体発足後、初の実施。夏の観光シーズンを目前に、町内会や商店会、企業、行政などから168人が参加し、気持ちを一つに街全体をきれいにした。

"おもてなし"が原点

 団体発足のきっかけは、ピアノ教室を主宰しながら喫茶店「キーコーヒー」で働く力丸則子さん(白石町在住)の呼び掛けに端を発する。30年以上にわたって三崎港ロータリー付近で清掃活動を行ってきたが、1人では限界があった。「食と観光の街になった三崎下町を地元の皆さんによる"おもてなし"の精神で、もう少しきれいにできないものか」。地域全体の美化活動として取り組もうと、知人らに届いたその声は周囲に計り知れない影響を与え、賛同したメンバーが「ポイ捨てごみのない町で観光客をおもてなし」を掲げ、2020年12月に団体を立ち上げた。

 現在会員は34団体・5個人。1年に及ぶ話し合いを重ね、GW明けの5月と秋の行楽シーズンを迎える11月に、一斉清掃することを決めた。

約1・5トンごみ回収

 三崎下町をAブロック(三崎新港周辺)、Bブロック(うらり・西浜区・宮城区周辺)、Cブロック(西海上区・花暮区)、Dブロック(日の出区・入船区・仲崎区)の4ブロックに分け、一斉清掃がスタート。三崎をよく訪れるという芸能人も飛び入りで参加した。

 ごみ袋を片手に街を歩き回った参加者は、海から流れ着いた菓子袋や釣り客が残していった空き缶・ペットボトル、ロープ・ブイといった漁具、流木などを拾ったほか、海辺に面した溝に入り込んだ枯れ葉や雑草も除去した。

 1時間30分ほど作業して、枝木・草類約1145kg、可燃ごみ約260kg、不燃ごみと金属類がそれぞれ約10kgの計1425kg、ごみ袋で140袋が集まった。最後は三浦市の清掃事業者が回収した。

自分事として意識を

 「こんなにも多くの協力者が動くとは夢にも思わなかった。ありがとうの気持ちで胸がいっぱい」。業界の垣根を越えた人々が一丸となり、ただ黙々と清掃する光景を目にした力丸さんは歓喜した。

 秋本代表幹事は「地元に落ちているごみを住民自ら拾う姿を広く発信することで、皆がごみ問題を自分事として捉え、意識してもらうのが狙い。今夏はたくさんの観光客が来ることが予想されるので、きれいな三崎下町で迎えられれば」と前を向いた。

流木など車の荷台に積んで回収した
流木など車の荷台に積んで回収した

三浦版のローカルニュース最新6

みうら夜市今年も中止

「でっけぇマグロ獲ってこーい」

三崎漁港 花暮崖壁

「でっけぇマグロ獲ってこーい」 経済

新造船9年ぶり出航で賑わう

6月24日号

ラクロス6人制コート整備

潮風スポーツ公園

ラクロス6人制コート整備 スポーツ

女子日本代表が強化練習

6月24日号

夏のボーナス支給

三浦市

夏のボーナス支給 経済

一般職平均約75万円

6月24日号

市に絵本など寄贈

CFネッツ

市に絵本など寄贈 文化

倉橋代表がプロデュース

6月24日号

おしゃれな周遊ツアー化へ

「三浦野菜」活用

おしゃれな周遊ツアー化へ 経済

”チャリピク”社会実験

6月24日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook