神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
三浦版 公開:2023年3月3日 エリアトップへ

ふるさとの海に興味抱いて 「海洋教育のつどい」5校発表

コミュニティ教育

公開:2023年3月3日

  • X
  • LINE
  • hatena
マグロ漁で使われる延縄の長さを紹介する三崎小の児童
マグロ漁で使われる延縄の長さを紹介する三崎小の児童

 三浦市内の小中学校で取り組む海洋教育の成果を発表する「海洋教育のつどい」が2月18日、三浦市民ホールで3年ぶりに行われた。(一社)みうら学・海洋教育研究所の主催で、5校から約30人の児童と生徒が参加した。

 冒頭、挨拶に立った吉田英男市長は「子どもたちの側には、いつも海がある。水産業が衰退する中で、漁業だけでなく様々な産業を巻き込んだ『海業』のワードを新年度から取り入れていくことで、将来的に三浦の地域活性化に繋げたい」と展望を語った。

 舞台上では、南下浦小3年生がラッコのキャラクターを通して稚魚が身を守るアマモなどについて説明した「海のみりょくを教えて!〜キューちゃん先生のとくべつ授業」、岬陽小4・6年生が三崎下町の魅力を発信した「おいしい!楽しい!三浦再発見〜三浦のグルメとマリンレジャーを体験し、三浦の良さを感じよう〜」、三崎小4・5年生がニュースキャスターや漁師に扮してマグロ漁について伝えた「海気満ちる町 三浦」、名向小5年生がマダイの放流や磯焼けなどについて解説した「小網代湾をもっとよくしていこう」、南下浦中2年生が海とプールの差異などを調べた「海水プランクトン&淡水プランクトン」を披露した。

 最後に、及川圭介教育長は「教科の枠を超え、色々な発想で学べる海洋教育を今後も楽しんで」と講評した。

 三浦市では2012年から東京大学三崎臨海実験所と連携し、海洋教育を推進。16年に同研究所を設立。日本財団などから助成・協賛を受けて教材制作や備品の貸与を行っている。

三浦版のローカルニュース最新6

500人が”一球入魂”

三浦半島少年野球大会

500人が”一球入魂”

5月10日

地元人の横顔ずらり

地元人の横顔ずらり

「人物風土記」回顧展

5月10日

駄菓子屋ノスタルジー

記者の目キラリ

駄菓子屋ノスタルジー

〜諸磯・青木商店の巻〜

5月10日

橋本誠やきもの展

小網代・イハリウム

橋本誠やきもの展

5月10日

菊名と金田古跡を巡る

未病ウォーク

菊名と金田古跡を巡る

5月10日

校庭の石を除去

上宮田小PTA

校庭の石を除去

「ケガのない運動会に」

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月10日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook