神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
三浦版 公開:2024年1月19日 エリアトップへ

県警と市 高齢運転者の相談支援 認知症の早期発見へ

社会

公開:2024年1月19日

  • X
  • LINE
  • hatena

 神奈川県警察と三浦市は、12月26日に「運転免許の申請取消又は行政処分により運転免許を失った高齢者の相談支援に関する協定」を締結した。締結式は行われなかったが、1月4日から運用がスタートした。

 具体的には、運転免許の更新時などに受ける認知機能検査の結果、認知症のおそれがあると判断されたことを理由に運転免許を自主返納した高齢者、または医師に認知症と診断され、運転免許の取消処分に該当した高齢者のうち、相談支援を希望する人の情報を県警が市に提供する仕組みだ。

 それらの情報をもとに市は、認知症の早期発見や早期対応、高齢者の生活の質の維持・向上を図ることが狙い。1月15日には箱根町も協定を結び、県内全ての自治体で同様の取り組みが進められるようになった。

 三崎警察署の管内では昨年、ブレーキとアクセルの踏み間違えといった高齢者が絡む交通事故が全体の約45%を占めた。また、65歳以上の運転免許保有率は約33%で、県内では相模原市津久井署管内に次ぎ、2番目に高いデータもある。

 高齢介護課によると「他の自治体に比べ、市内は高齢化率が特に高い。認知症の人もそうでない人も『どのような介護支援が受けられるのか』『例えばグループホームとはどういった場所なのか』といった相談が受けられる」という。

三浦版のローカルニュース最新6

「チェルSeaみうら」徹底解剖

"のびのび"育って

"のびのび"育って

入居者 坐古さん一家

6月21日

夏休みは体験学習へ

夏休みは体験学習へ

「みちしお学級」参加募集

6月21日

イモで広がる福祉の輪

奉仕団体

イモで広がる福祉の輪

掘って 植えて

6月21日

親子で楽しむミトマルシェ

親子で楽しむミトマルシェ

30日 ワークショップ

6月21日

愛称の由来は?

愛称の由来は?

南下浦小の高谷さん考案

6月21日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook