神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
三浦版 公開:2024年5月10日 エリアトップへ

記者の目キラリ 駄菓子屋ノスタルジー 〜諸磯・青木商店の巻〜

文化

公開:2024年5月10日

  • X
  • LINE
  • hatena
所狭しと商品が陳列された店内。青木さんは奥で控えめに外の様子を見守る(左)、放課後、店先に集まりだす子どもたち(右)
所狭しと商品が陳列された店内。青木さんは奥で控えめに外の様子を見守る(左)、放課後、店先に集まりだす子どもたち(右)

 なぜだろう。心惹かれるものがある。甘い菓子にしょっぱい菓子、何が出るか分からないカプセルトイに年季の入った瓶ジュースのケース――。まるで時が止まったかのような佇まいに手繰り寄せられ、記者は昭和レトロな駄菓子屋に飛び込んだ。名向小学校近くにある「青木商店」には、放課後にはしゃぐ無邪気な児童たちの姿があった。

◇  ◇  ◇

 店主を務めるのは、青木正男さん(86)。農家に生まれ、竹細工職人を経て、29歳で駄菓子屋を開いた。「昔ここは畑でね。小学校ができる時に更地になったから家を建てた。駄菓子屋は親戚が先にしていた。にぎわっていたから私も挑戦。最初は板一枚の上に品物を並べただけだったけれど」と教えてくれた。

 かつては「そこら中にあった」という駄菓子屋も、少子高齢化やコロナ禍、物価高騰などの影響で、一つまた一つと閉店していった。ここも厳しい状況には変わりはないというが、「子どもの楽しみを奪うわけにはいかない。私がまだ丈夫なうちは開けるつもり」とにこり。そのうち「おじちゃん」と子どもの声が聞こえた。駄菓子屋は社会の縮図。対面での古き良き交流が見られた。

 店内をよく見渡すと、定番駄菓子のほか、鉛筆などの文房具、「キリンオレンジエード」のタペストリーもノスタルジックな雰囲気を演出。「たまに『30〜40年前に通った』という卒業生も来るんだよ。覚えていてくれてうれしいよね」。駄菓子の味はタイムカプセルの役割を果たし、限られた小遣いとにらめっこしながら買い物をした純粋無垢な当時の自分に戻っているのかもしれない。

強くてやさしい信用金庫

新年は1月4日(木)より平常通り営業させていただきます。

https://www.shinkin.co.jp/kanagawa

<PR>

三浦版のローカルニュース最新6

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月8日

「みんなで親父に近づけたら」

経済

「みんなで親父に近づけたら」

鈴木水産の代表取締役社長 鈴木淳さん

6月7日

親子や夫婦で登場 その後を追った

「見て覚えて、触ってなんぼ」

芸術

「見て覚えて、触ってなんぼ」

夢窯の共同代表の一人 田中史郎さん

6月7日

「地道にコツコツ続けたい」

文化

「地道にコツコツ続けたい」

チャッキラコ保存会の会長 秋本清道さん

6月7日

18年間で取材した400人の横顔ずらり

18年間で取材した400人の横顔ずらり

「かぎかっこ」を読むということ

6月7日

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook