神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
三浦版 公開:2024年6月7日 エリアトップへ

経済 「みんなで親父に近づけたら」 鈴木水産の代表取締役社長 鈴木淳さん

経済

公開:2024年6月7日

  • X
  • LINE
  • hatena
会社のデスクで父譲りの柔和な笑みを浮かべる鈴木さん
会社のデスクで父譲りの柔和な笑みを浮かべる鈴木さん

 首都圏内に鮮魚卸や飲食店など26店舗を展開する「鈴木水産」。マグロを積んだ帆馬車の行商を原点とし、今や三浦屈指の大企業へと成長を遂げた。一代で築き上げた組織の屋台骨を支え、市内外に自身の名を轟かせた人物こそ、鈴木金太郎さん。最後は三浦商工会議所の会頭に就くなど、確固たる地位を築いた。

 「厳格な親父でした。よく悪いことをして殴られました」と長男の淳さん(55)は思い出の断片を明かす。温厚で腰が低いと評判だった金太郎さんも、家庭での姿は少し違ったようだ。ただ淳さんが大人になるにつれ、父の顔は徐々に柔らかくなっていった。「心に余裕ができたんでしょう。幼い頃のしつけは愛情の裏返しだったんですね」

 父の葬儀が執り行われた城ヶ島は、多くの人で埋め尽くされた。懐の深さと度量の広さによって厚い人望を得た証。「人に好かれた人だった」としみじみと振り返る。

 懸命に働く父の背中を見て育った淳さん。2017年から社長職を継いだ時は「やるしかないと腹をくくった」と偉大な存在に代わって重責を担うことは勇気がいった。現在社内には、淳さんを含むきょうだい4人が在籍。「みんなで力を合わせれば親父に近づけるはず」。会社が巨大化しても本社を菊名に置く理由は「あくまで地元から三崎マグロの魅力を発信する責任がある」という地に足の着いた判断から。

 「相手が何を望み、どうすれば喜んでもらえるか」。亡き父が胸に秘めた経営理念は、次世代に色濃く投影されていた。

三浦版のローカルニュース最新6

「チェルSeaみうら」徹底解剖

"のびのび"育って

"のびのび"育って

入居者 坐古さん一家

6月21日

夏休みは体験学習へ

夏休みは体験学習へ

「みちしお学級」参加募集

6月21日

イモで広がる福祉の輪

奉仕団体

イモで広がる福祉の輪

掘って 植えて

6月21日

親子で楽しむミトマルシェ

親子で楽しむミトマルシェ

30日 ワークショップ

6月21日

愛称の由来は?

愛称の由来は?

南下浦小の高谷さん考案

6月21日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook