逗子・葉山版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

東日本大震災以降、(公社)日本国際民間協力会(NICCO)メンバーとして被災地支援を行う 宗貞 研さん 逗子市小坪在住 36歳

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena

他人事でなく”自分事”に

 ○…「何かしなければ。自分には一体何ができる」。未曾有の被害をもたらした3年前の東日本大震災。報道で流れる映像を見てそんな思いが痛烈に胸を突いた。爪痕が鮮明に残る震災直後、現場で第一に求められていたのは医療支援。「看護師として10年以上、臨床の現場にいた経験はきっと役に立てる」。NICCOメンバーとして1週間後に宮城県名取市入りし、その後2年半を被災地で過ごした。

 ○…寝る間を惜しんで支援活動に明け暮れてしばらく、子どもたちの心理ケアを手掛けるNPOに合流。児童らと向き合う日々が始まった。主な目的はPTSD(外傷後ストレス障害)の予防。心のキズを放置すれば時を経てPTSDになる可能性があったからだ。だが当時、言葉にするのはタブー。「津波や震災。言葉がでるだけで子どもたちに緊張が走った」。そこで医師の案で絵や粘土を通じて震災の記憶を少しずつ表現させると次第に変化が現れた。「ある子が自分から『震災さえなければこんな苦労はなかったのに』って」。心の整理がつき始めた、裏返しの一言だった。

 ○…社会福祉の現場にいた父と医療に携わっていた母。そんな両親の下に生まれたからなのかもしれない。進路を考え始めていた高2の冬。ボランティア元年とも言われる阪神淡路大震災で支援に尽力する看護師を見て、志を固めた。当時まだ男性看護師はマイナーな存在だったが「一度決めたら意志は固いんです。熱で動いている人間ですから」

 ○…震災から3年、ボランティア数の激減など被災地支援の風化は進む。継続的な支援は無論欠かせない。その一方で、訴えたいことがある。「遠くの地の人たちにも震災の教訓を自らの体験にしてほしい」。復興が多少なりとも進み、教訓を学ぶ機会が減りつつあるのも事実。「津波があった時にどこに避難するか家族で話し合ったり、避難路を歩いてみたり。他人事ではなく”自分事”に」。そう結んだ。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

菊池 操さん

若い女性向け支援付きシェアハウス「アマヤドリ」を運営する

菊池 操さん

葉山町在住 37歳

4月16日号

佐藤 輝さん

ダイビングガイドとして活動しながら初の写真集を出版した

佐藤 輝さん

葉山町在住 45歳

4月2日号

大西 ようこさん

テルミン・ミュージアムを開いた

大西 ようこさん

逗子市在住

2月5日号

上田 芳雄さん

逗子市被爆者の会(つばきの会)の会長を務める

上田 芳雄さん

逗子市在住 78歳

12月4日号

天野 純治さん

横須賀美術館で展示を行っている

天野 純治さん

葉山町在住 71歳

11月20日号

石井 康生さん

逗子・葉山アマチュア無線クラブの会長を務める

石井 康生さん

逗子市在住 56歳

11月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter