逗子・葉山版 掲載号:2015年2月13日号 エリアトップへ

亀岡八幡宮副総代で毎年節分祭の司会を務めている 産形(うぶかた)長司(ちょうじ)さん 逗子市逗子在住 79歳

掲載号:2015年2月13日号

  • LINE
  • hatena

人との繋がりあってこそ

 ○…「逗子では『福は内』を2回、『鬼は外』を1回で豆をまくのが習わしで…」。多くの来場者が詰めかける中、境内に設置された特設台の上でマイクを握る姿はお馴染みの光景だ。節分祭を無事に終え、「今年も事故なく終えられて良かった」とほっと胸をなでおろす。「今年で80だからね。いつまで出来るか分からないけど、元気なうちはやり続けるよ」とほほ笑んだ。

 ○…「チョーさん」の愛称で慕われる。365日ほぼ毎朝、境内や周辺の歩道や車道を掃き清めるのが15年間続く日課。買い物がてら足を運んだり、世話人仲間で集まって事務作業をこなしたりと「毎日4、5時間はいる。家で過ごす時間よりも長いかも」と笑う。仲間からは「裏の総代」とも目される存在で、日々の掃除に始まり、初詣や「さいと(どんど)焼き」、節分と年明けからたて続く大きな行事の裏方を取り仕切る。「そりゃ大変ですけどね、関わっているからこそのやりがいはありますよ」

 ○…温厚な印象だが「すぐにカッとなるし、そそっかしい性格」とは自身談。世話人になったのは定年退職後間もなく。総代の口利きという世話人に誘われ、「行事が年6つくらいなら、大した手間にもなるまい」と二つ返事で引き受けたところ、後になってある”オチ”が判明した。「世話人でもう一人産形がいるんだけど、そっちと間違えられた。騙されたんだよ」と口を尖らす。ただ、こうも付け加えた。「騙されて良かった」と。

 ○…世話人になって16年。同じ仲間ができ、掃除をすれば声をかけられたり、手伝ってくれる人も。そうした人との繋がりは、かけがえのない財産になった。「家に込もっていたらこうはならなかった。仲間や出会った人がいるから続けられる」。一方、現在9人いる世話人の平均年齢は70を超えており、会の存続には新たな仲間集めが不可欠。「地域の役に立ちたいという人がいたら、ぜひ声をかけて」と呼びかけた。
 

逗子・葉山版の人物風土記最新6

松澤 有子さん

海のほとり美術館を制作する

松澤 有子さん

逗子市在住 

5月13日号

中田 美緒さん

デフリンピック女子バレーボールに日本代表として出場する

中田 美緒さん

葉山町出身 21歳

4月29日号

三田村 鳳治さん

東逗子駅開業70周年実行委員会の相談役に就任した

三田村 鳳治さん

逗子市在住 100歳

4月15日号

半田 志野さん

ゼロエミッション逗子を立ち上げた

半田 志野さん

逗子市在住

4月1日号

日澤 準弥さん

日本コーンホール協会を立ち上げた

日澤 準弥さん

逗子市在住

3月18日号

村上 理恵さん

地元の魅力を伝える食品開発を行う

村上 理恵さん

葉山町在住

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook