逗子・葉山版 掲載号:2015年11月20日号 エリアトップへ

逗子市中学校給食 試行錯誤も喫食率下降線 導入から1年で1割減

教育

掲載号:2015年11月20日号

  • LINE
  • hatena
提供されている中学校給食の一例(写真提供/逗子市教委)
提供されている中学校給食の一例(写真提供/逗子市教委)

 逗子市が昨年10月に導入した中学校給食の喫食率が下降線を辿っている。導入当初、市内3校で83%だった喫食率はほとんどの月で前月を下回り、今年10月まで70%に低下。市教委では献立が一部生徒の嗜好にそぐわないことが一因とみており、生徒や保護者に献立づくりの理解を呼びかけるが低下に歯止めがかからず、担当者らは頭を悩ませている。

「味薄い」「野菜多い」の声も

 市教委によると、昨年11月・今年3月・8月を除く全ての月で1〜3%、喫食率の前月割れが続いた。導入当初と比べ13%減で、単純計算で全3中学校1145人中、148人が給食を食べなくなった計算になる。

 中学校給食は市の管理栄養士が考案し、市から業務委託を受けた横須賀市の業者が調理。専用の弁当等箱に入れて配送する「ボックスランチ方式」で主食、おかず、牛乳が揃った完全給食で提供する。和食の一汁三菜を基本とし、化学調味料は使わず、ダシやドレッシングも市販品を使わない「手作りの味」が売りだ。

 だが一部の生徒からは「味が薄い」「野菜が多い」などの不満があがっているといい、本来アレルギー対応のための選択制がメニューの好き嫌いで利用されている可能性もあるという。

 市教委は中学校給食の喫食率低下について「小学校給食と比べて、子どもたちの嗜好にそぐわない面がある」と要因を明かす。ただ、苦手な食材の「食べやすさ」を優先する小学校とは異なり、中学校で重視するのは食育を含む「教育」としての色合い。「例えば小学校であればシチューや豚汁なのが、中学校では煮物になったりする。副食の品数が増えた分、塩分も控えめになるが、成長や健康のことを考えれば必要なこと」(市管理栄養士)。

 市教委では生徒らに給食について理解を深めてもらおうと、今年2月から管理栄養士が各中学校をまわる出前授業を開催。給食にまつわる歴史や厨房内の様子、献立の作り方などを指導し、実際に生徒に献立を考えてもらうなどした。また保護者に向けても、今月計3回の試食会を実施。今後も要望に応じて開催するという。市教委では「すぐ結果には結びつかないかもしれないが、地道に理解を呼びかけていていきたい」としている。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

コロナ乗り越え開催へ

葉山駅伝

コロナ乗り越え開催へ スポーツ

12月1日から申込受付

11月20日号

小柴さんの業績紹介

理科ハウス

小柴さんの業績紹介 教育

直筆メッセージの展示も

11月20日号

余った食材 必要な世帯に

葉山町社協

余った食材 必要な世帯に 社会

コロナ禍生活支援の一環

11月6日号

“プレミアム”な逸品開発

逗子市事業者

“プレミアム”な逸品開発 経済

商品券発売にあわせ

11月6日号

プレミアム付き商品券販売

逗子市

プレミアム付き商品券販売 経済

全市民へクーポン配布も

10月23日号

成人式来年1月に開催へ

逗子市葉山町

成人式来年1月に開催へ 教育

簡素化など対策講じる

10月23日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク