逗子・葉山版 掲載号:2016年5月13日号 エリアトップへ

「砂のアート」ずらり58作品 こどもの日のつどいに500人

文化

掲載号:2016年5月13日号

  • LINE
  • hatena
最優秀賞に輝いた「リアルワニ」(=5日、逗子海岸)
最優秀賞に輝いた「リアルワニ」(=5日、逗子海岸)

 砂浜で巨大なサンドアートを作る催しが5日、逗子海岸で開かれた。市が主催した「こどもの日のつどい」のメーンイベントで、37回目を迎えた今年は58チーム計約500人が参加。青空の下、動物や人気キャラクターを模したものなど思い思いの作品を仕上げた。

 サンドアートは10人ほどのグループに分かれ、バケツやスコップを使いながら2時間がかりで制作。地震で甚大な被害があった熊本や大分にエールを送ろうとマスコットキャラ「くまモン」を作ったチームもあり、逗子小学校の卒業生と参加した山崎史織さん(12)は「自分たちも何か出来ればと思って。『皆で一緒に乗り越えよう』とメッセージが伝わったら」と話した。

 作品は参加者や審査員の投票で順位や特別賞を決め、最優秀賞には巨大なワニを制作した「逗子コスモスBチーム」の作品が選ばれた。同チームの石森滉七(こな)くん(11)は「貝殻を集めたり作るのは大変だったけど、初めて優勝できて嬉しい」と振り返っていた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

誰もがアート楽しむ1日に

誰もがアート楽しむ1日に 文化

市民が企画 想いが出会い呼ぶ

10月4日号

“日本の美”代表作から感じる

“日本の美”代表作から感じる 文化

山口蓬春記念館で企画展

10月4日号

「生きる力身に着けて」

「生きる力身に着けて」 教育

葉山のパパが”私塾”開講

10月4日号

「求む!あなたの歌声」

市商工会青年部

「求む!あなたの歌声」 経済

公式ソングを制作中

10月4日号

海狼の閉店に惜しむ声

海狼の閉店に惜しむ声 経済

記念撮影する姿も

10月4日号

逗子の池子層を歩く

逗子の池子層を歩く 文化

市民団体が観察会

10月4日号

城ケ島で音楽フェス

城ケ島で音楽フェス 文化

石野卓球ら出演

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月4日号

お問い合わせ

外部リンク