逗子・葉山版 掲載号:2017年7月21日号
  • googleplus
  • LINE

葉山町 「英国チーム」受け入れ歓迎 セーリング合宿で3者協定

スポーツ

左から署名した英国コーチのジョン氏、山梨町長、大同生命の北原専務
左から署名した英国コーチのジョン氏、山梨町長、大同生命の北原専務
 3年後に迫っている2020年東京五輪のセーリング競技に向けて、葉山町で事前キャンプを行う英国王立ヨット協会と同町、宿泊先を提供する大同生命保険株式会社の3者が今月7日、協力連携に関する協定を結んだ。葉山港にある管理事務所で締結式が行われた。

 ヨット競技で英国代表は世界屈指の強豪チームとして知られる。同チームは大会のメイン会場に予定されている湘南港(藤沢市)─葉山港で本番を想定した練習を集中的に行える立地条件から事前キャンプの候補地に選定。「日本ヨット発祥の地」として環境が整っていることも評価した。

 同町は英国チームから打診を受けたが、宿泊先の確保で難航。町内に宿泊施設を有する企業に協力を仰ぎ、大同生命保険から堀内の研修施設を提供してもらう約束を取り付けた。

 第一陣の選手団が4日に来日しており、10月までの約4カ月間、葉山町を拠点にトレーニングを行う。以降も本番までの同時期に監督やコーチを含めて10〜50人が滞在するという。

 迎える地元住民も歓迎ムードだ。締結式であいさつに立ったあずま町内会の萩原幹子会長は「ホッとできる温かい環境を用意したい。家族だと思ってもらえれば」と選手らに言葉を掛けた。葉山町語学ボランティアが通訳を担当、チームのサポートを行う。選手も町民との地域交流に積極参加していくという。山梨町長は「3万3千人がヨットに乗ったことのある街をめざす」と声を上げた。

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

「はれのひ」 被害者を支援

逗子の老舗着物店

「はれのひ」 被害者を支援

2月9日号

福祉・教育面に重点

葉山町予算案

福祉・教育面に重点

2月9日号

生ごみ資源化施設に再整備

葉山町クリーンセンター

生ごみ資源化施設に再整備

1月26日号

逗子市に110万円賠償命令

横浜地裁横須賀支部

逗子市に110万円賠償命令

1月26日号

消防活動にドローン活用

いのち輝く社会 実現を

黒岩知事インタビュー

いのち輝く社会 実現を

1月12日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月9日号

お問い合わせ

外部リンク